スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報

トップページ > 競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業 > スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流 > スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報

スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報一覧へ

  • 講習情報
  • レポート

レポート

2016.02.01結果報告

平成28年1月22日(金)17時からTKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて「第2回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」を開催しました。

【就活スキルアップセミナー】

今回の講師は、東京しごとセンター就職支援アドバイザーの深澤 裕子(ふかざわ ゆうこ)先生がお引き受けくださいました。
セミナーには、13名の現役アスリートの方が参加し、自己分析を実際に行う等、就職に関する基本的な知識や、面接での注意点を学びました。


【朝原氏 講演】

北京オリンピック4×100mリレー銅メダリストの朝原 宣治氏に、競技者として、そして、社会人としての「人間力」、「総合力」の高め方といったテーマでご講演いただきました。
競技だけに集中するのではなく、将来の自分のために常に様々なことにアンテナを張り、自分磨きをして自分に力をつけていくことも大切であること、競技活動を終えた後の社会生活でも応用が効く、とご自身の体験も含め、お話しをいただきました。


【先輩アスリートとの交流】

講師に、阪神酒販株式会社の梶川 洋平氏、三菱電機株式会社の上山 友裕氏、大坂 昂氏をお迎えし、また、朝原 宣治氏にもご参加いただいて、先輩アスリートと参加者の意見交換を実施しました。

大坂氏から、現役を引退後もレスリング同様、目標を持って社会で仕事がしたい、と強く思い、将来を見つめ直して就職活動を再開した際に「アスナビ」と出会い、三菱電機株式会社に就職が決定した経緯をお話しいただきました。同社は、競技活動を続けることに理解があり、試合のたびに社員の方が応援に来てくれたり、あたたかい声を掛けてくれるなど、自身の競技活動にメリットになっているとのお話しがありました。競技活動の継続を検討しているのであれば、仕事と競技の両立に理解のある企業には、「アスナビ」を通して出会えるので、参加者の皆さんにもぜひ、参考にして欲しいとアドバイスがありました。


上山氏からは、仕事をしながら、競技活動を継続していくには、会社の理解や、近くで一緒に働く同僚の協力が不可欠であること、練習時間をしっかりと確保できる環境がないと、世界の水準には及ばないこと等をご自身の体験から伝えていただきました。「アスナビ」を通して就職することができた三菱電機株式会社では、競技活動に時間を割くことに理解もあり、仕事面でも感謝されるので、自身にとって大変良い環境である、とお話しいただきました。


梶川氏は、「アスナビ」を通して阪神酒販株式会社に入社する以前は、競技活動に十分な時間を費やせなかった為、大会でも満足の行く結果を残せなかったが、同社に入社後は、勤務時間について考慮してもらえる環境となったため、仕事と両立しながらも日本陸上競技選手権大会で優勝することができた、とお話しいただきました。

参加者からの、「スポーツでしか得られないものはなにか?」との質問に、朝原氏に「アスリートは、目標を管理することに長けているので、就職してからも仕事をしていくうえで役立つ能力ではないか」と回答いただいたほかにも「仕事と競技活動を両立する為に心掛けていることはなにか?」「海外遠征等の長期休暇を要する際の会社との交渉の手順は?」など、多くの質問があり、講師の方からそれぞれ具体的な回答をいただきました。

また、アスリートを雇用することで発生する企業側のメリット、価値を、アスリート側から主体的に発信していく方法を日頃から考えておくことが今後の活動には必要になってくる、と梶川氏よりアドバイスをいただきました。


  • 紹介画像1

    就活スキルアップセミナー

  • 紹介画像2

    就活スキルアップセミナー

  • 紹介画像3

    朝原 宣治氏 講演

  • 紹介画像4

    朝原 宣治氏 講演

  • 紹介画像5

    先輩アスリートとの交流

  • 紹介画像6

    先輩アスリートとの交流


このページのお問い合わせ
競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業03-5413-7557

セミナー&交流情報アーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る