スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報

トップページ > 競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業 > スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流 > スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報

スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報一覧へ

  • 講習情報
  • レポート

レポート

2016.07.07結果報告

平成28年6月28日(火)17時半から東京体育館第2会議室にて「第1回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」を開催しました。セミナーには、20名の現役大学生アスリートの方が参加しました。

【就活スキルアップセミナー】

就活スキルアップセミナーでは、前後半で2名の講師の方に講義をお願いしました。
前半は、東京しごとセンター就職支援アドバイザーの宮崎 努(みやざき つとむ)氏にビジネスマナー等の就活に必要となる基礎を、引き続き後半は、(公財)日本オリンピック委員会の久野 孝男(ひさの たかお)氏に、企業でのアスリート経験の活かし方について、講義をしていただきました。


【先輩アスリートとの交流】

先輩アスリートとして、阪神酒販(株)の梶川洋平氏を司会進行として、東海東京フィナンシャル・ホールディングス(株)の桜井美馬氏、(株)オーエンスの齋藤仁美氏、(株)JTBコミュニケーションデザインの小池岳太氏の4名をお迎えし、それぞれの就職活動の体験談、所属企業の紹介や現在の仕事の状況を説明していただきました。その後、参加者の質問等を通して、意見交換を行いました。

『桜井 美馬氏(スケート・ショートトラック)』
桜井氏からは、社内での業務経験や同僚からの応援等、企業での競技生活のメリットや、人事部の業務として就職活動を行う学生と接する経験をもとに、一つの事に専念できることの素晴らしさについて語っていただきました。
加えて、「就活において、ひたむきに競技に打ち込むアスリートは優位である」というメッセージもお伝えいただきました。


『小池 岳太氏(パラ・アルペンスキー)』
小池氏からは、ご自身の競技生活を通して、競技と仕事のバランスのとり方の難しさと同時に、そこで得られる社会性の大切さをについて語っていただきました。また、就職活動の際に、SNSの活用等による積極的なPR活動や自身の意思を明確に伝えることの大切さについて、後輩アスリートへ向けたメッセージとしてお伝えいただきました。


『齋藤 仁美氏(スケート・ショートトラック)』
齋藤氏からは、企業に入社してからの試合への臨む姿勢や試合に勝つ意味の変化を通して、競技と社会との繋がりや社員の方々と勝利を共有できる喜びについて語っていただきました。また、競技と仕事の両立について、自分自身が出来ることを積極的に行い、バランスを保てるポイントを認識することの大切さについて、お伝えいただきました。


『梶川 洋平氏(陸上競技)』
梶川氏からは、各先輩アスリートの方々の意見をまとめていただいた上で、ご自身の現役から引退後のキャリアをもとに、企業とのマッチングの重要性、アスリートとしての魅力の伝え方や競技に打ち込むための労働条件の交渉等について、より具体的な内容を語っていただきました。

また、先輩アスリートには、競技活動費の他、怪我や成績不振時の就労に関する事など、様々な質問に丁寧に回答いただき、今後の就職活動の参考となるような具体的な内容に、参加者は熱心に耳を傾けていました。


  • 紹介画像1

    就活スキルアップセミナー(前半) 宮崎 努氏

  • 紹介画像2

    就活スキルアップセミナー(後半) 久野 孝男氏

  • 紹介画像3

    先輩アスリートとの交流

  • 紹介画像4

    先輩アスリートとの交流


このページのお問い合わせ
競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業03-5413-7557

セミナー&交流情報アーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る