スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報

トップページ > 競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業 > スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流 > スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報

スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流詳細情報一覧へ

  • 講習情報
  • レポート

レポート

2018.07.13結果報告

 東京都は平成30年7月5日(木)、中央大学多摩キャンパスにて「第1回 就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」を開催しました。また、多摩地域で初の開催となりました。
 当日は、中央大学をはじめとする多摩周辺3大学の自転車競技、レスリング、フェンシング、空手道、スキー等の14競技70名のアスリートの方が受講しました。

【第1部】就活スキルアップセミナー

 就活スキルアップセミナーでは、東京しごとセンター就職支援アドバイザーの宮崎努氏から「社会で求められる力」について、ペアワークを取り入れた講義をしていただきました。
 宮崎氏からは、「就職活動でよく聞かれる3つのこと」「自己PRの作り方」「社会で使える、スポーツを通じて身に着けた力」「社会で必要な、チームで働く力」等を教えていただきました。


【第2部】先輩アスリートとの交流

 先輩アスリートとの交流では、中央大学陸上競技部・駅伝監督の藤原正和氏、(株)オーエンスの齋藤仁美氏、あいおいニッセイ同和損害保険(株)の横山亜依氏の3名を講師に迎え、「就職を意識したのはいつ頃か」等の5つのテーマに沿って、ご自身の体験談等をパネルディスカッション形式でお話いただきました。
 受講者からは、「アスリートとして夢を叶えるために必要なこと」「仕事の後の限られた時間でどのようにチームワークを築いているのか」等の質問があり、先輩アスリートは真摯にアドバイスを行っていました。
 なお、登壇予定だったアシックスジャパン(株)の川嶋悠太氏は競技中のアクシデントによりご欠席されました。


以下、先輩アスリートの皆様のコメント抜粋

● 藤原 正和氏
(陸上・長距離/世界陸上競技選手権大会男子マラソン代表3回/中央大学陸上競技部・駅伝監督)
・トップを目指す上で、限られた時間を有効活用するためには、事前のスケジューリングをしっかりすること、ストレスを上手くコントロールすることが大切。また、競技を続ける、続けないに関わらず、就職して働いていく中で大変なことはたくさんあるので、1日のうちに少しでもリラックスをする時間を作ることも非常に大切だと感じる。
・現役当時は、14時までに仕事を終わらせなければならないので辛いという印象しかなかったが、Powerpointなどの書類作成を業務として行っていたことが今の監督業に活きているので、今となってはありがたかったと思っている。今は不必要と思っていることでも、後々活きてくることはあるので、目の前の事を一生懸命することが大事。

 これから目指す道を自分で見つけて、切り開いていくことになるので、悔いのない人生を送れるように日々の積み重ねを大事にやっていってほしい。


● 齋藤 仁美氏
(ショートトラック/2018年平昌オリンピック 3000mリレー6位入賞/株式会社オーエンス)

・就職して一番変わったのは、視野が広がったこと。会社では色々な立場の人と一緒に仕事をするので、今まで自分になかった価値観を知ることができた。例えばスランプに陥ったとき、就職前は自分の感覚しかなかったので、どんどん不調になっていっていたが、社会人になってからは、客観的に問題を解決する力がついたと感じている。
・就職してからスポーツ教室をする中で、大学で教員の勉強をしていてよかったと思う。逆に、英語はもっと勉強しておけばよかった。会社の中でも使う場面も増えてくるし、競技でも英語を話せればもっと幅が広がったと思う。また、今スポーツ以外に興味があることがあれば中途半端にやるのではなく、競技と並行してとことんやった方が良い。それが全く違う現場でも活きてくる。

 今の時間を大事にして、どういう風に働きたいか、競技を続けたいかを明確にさせながら準備を一生懸命すれば、卒業後の仕事や競技成績に繋がると思うので、頑張ってほしい。


● 横山 亜依氏
(女子サッカー/2017年なでしこリーグカップ 優勝(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)/あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)

・競技と仕事の両立は大変なこともあるが、練習に行くときに同僚が「頑張って」と声をかけてくれるので、それだけで励みになる。つい先日の試合にも職場からグループ全体で500人くらいで応援に来てくれた。会社で一緒に仕事をしていないと応援に繋がらないことだし、モチベーションを上げることにも繋がっている。
・大学時代に実習で鹿島アントラーズに一週間インターンで行き、試合の裏側では多くの人が時間をかけて支えている世界だと知ったことで、今、感謝をもってプレーできている。できることなら、もっとたくさん実習やインターンに行けばよかったと思っている。部活や勉強で忙しいと思うが、少しでもそのような機会があればチャレンジしてほしい。

 大学生の今だからできることがあるはずなので、色々な世界に挑戦してほしい。そして、5年後10年後に自分が胸を張って言えるような大学生活を送れるよう、今を思いっきり楽しんでほしい。


  • 紹介画像1

    主催者挨拶(東京都)

  • 紹介画像2

    就活スキルアップセミナー 宮崎 努氏

  • 紹介画像3

    就活スキルアップセミナーのワークの様子

  • 紹介画像4

    先輩アスリートとの交流の様子

  • 紹介画像5

    先輩アスリートとの交流の様子

  • 紹介画像6

    先輩アスリートの交流を終えた講師の皆さま


このページのお問い合わせ
競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業03-5413-7557

セミナー&交流情報アーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る