スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

企業向け説明会詳細情報

トップページ > 競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業 > 企業向け説明会 > 企業向け説明会詳細情報

企業向け説明会詳細情報一覧へ

  • 講習情報
  • レポート

レポート

2016.06.08結果報告

 平成28年6月1日(水)、味の素ナショナルトレーニングセンターにて、東京都と(公財)日本オリンピック委員会(以下、JOCという。)は共催で、「アスナビ」説明会を開催しました。
 説明会は、トップアスリートの雇用に興味がある企業関係者を対象に行われ、53社62名が参加しました。

主催者挨拶

 最初に、主催者を代表し、JOCの尾縣貢理事が挨拶に立ち、「企業はチーム日本の一員である。企業の皆さまのサポートでアスリートの“明日”をつくって欲しい。」と話しました。


 続いて、小室明子東京都オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部長から、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に、より多くの東京都出身のアスリートが出場できるよう、競技力向上を目指し、様々な取り組みを実施している、と東京都の施策について説明がありました。

 八田茂JOCキャリアアカデミー事業ディレクターからは、「アスナビ」についての概要説明があり、雇用形態や給与水準等についてご説明いただきました。


「アスナビ」採用企業事例紹介

 採用事例紹介では、株式会社ポピンズから執行役員 人事本部長の金指勝則氏と、「アスナビ」を通じて2013年に同社に実際に採用されたアスリートの小川将司氏(ビーチバレー)が登壇しました。金指氏からは、アスリートの専門性を業務に活かしている事例等が紹介されました。小川氏は、「入社後は、生活が安定し、海外遠征にも行くことができ、競技にも集中できたため、表彰台に上がる回数も増えた」と、競技に打ち込める環境の喜びを語りました。


オリンピアン応援メッセージ

 オリンピアンからの応援メッセージでは、2012年ロンドンオリンピック団体銀メダリストの千田健太氏(フェンシング フルーレ)より、自身の経歴や入社後の活動状況についてお話しいただきました。「ロンドンで銀メダルを取った後、一度競技を離れ、その後再び金メダルを目指して競技活動を続けていた時は、生活が不安定で競技に集中出来なかったが、「アスナビ」を通じて就職が決定し、現在の会社に入社後は、地域で実施する各種イベント等にも参加するなど、社員としてスポーツ以外でも社会に貢献することができ、意識が変わった」と、語りました。


 就職希望アスリートによるプレゼンテーションでは、オリンピック・パラリンピックを目指す6名の現役アスリートが、それぞれしっかりとした口調で、自分の強みをアピールしました。その一生懸命な姿に、参加者からは大きな拍手が送られました。

 情報交換会では、プレゼンテーションを行ったアスリート、参加企業及びJOC関係者が直接交流することができ、多くの参加者が今後のアスリートの採用を検討し、相談する場面が見られました。


  • 紹介画像1

    全体の様子

  • 紹介画像2

    JOC八田茂氏

  • 紹介画像3

    アスリートによるプレゼンテーション

  • 紹介画像4

    アスリートによるプレゼンテーション

  • 紹介画像5

    アスリートによるプレゼンテーション

  • 紹介画像6

    アスリートによるプレゼンテーション


このページのお問い合わせ
競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業03-5413-7557

企業向け説明会レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る