平成26年1月28日(火)、東京体育館で、大使館や一般の外国人の方々を対象とした、「外国人支援のための防災訓練」(東京都主催)が行われました。
 今回の訓練は、渋谷消防署原宿出張所のご指導のもと、起震車体験や応急救護、その他、災害用伝言板の利用法など、いざという時の対処方法を実践しました。
 また、東京体育館スタッフも自衛消防訓練を兼ねて参加し、初期消火など日頃の防災訓練の成果を披露しました。
 まず、はじめに、サブアリーナで訓練についてのガイダンスが行われ、その後、グループごとに分かれて防災訓練を行いました。


【起震車体験】

 

 起震車では、大地震を再現した強い揺れを体験。初めは誰もが余裕の表情でしたが、揺れが増すにつれ、必死にテーブルの脚を掴んで耐えていました。ここではテーブルが固定されていましたが、実際には、身を守ることすら大変だと想像できます。家具の転倒・落下・移動対策の必要性を強く実感しました。
 また、関東大震災時の揺れも体験。その揺れの大きさと時間の長さに一同、驚かされました。

 


【煙体験ハウス】

 続いて、煙の中での移動を体験。火災時の煙に見立てたスモークが充満するテントの中を通り抜けます。
 外から見ると非常に短い距離ですが、いったん中に入ると、視界は遮られ、訓練とわかっていても恐怖心が出てくるほど。
 このような煙の中で2、3回周るだけでも、方向感覚を失ってしまうそう。姿勢を低くし、壁伝いに歩くことなどがポイントです。

 


【応急救護】

 次に、要救助者の搬送方法について、担架の利用や毛布での代用方法などを体験。
 救助のリーダーを決定し、声を出して持ち上げるタイミングを計ったり、搬送のスピードを合わせます。要救助者の顔を見ながら声を掛け、要求に応じながら運ぶことで不安を軽減させてあげることも大切です。
 また、止むを得ず、1〜2人で搬送する方法なども、見本を披露していただきました。


【初期消火】

 

 火災被害を小規模に食い止めるための初期消火を体験。
 吹き返しを避けるため、低い姿勢で消火器を構え、少しずつ火元へ近づきながら消火します。
 いざという時は、気持ちが動転してしまい、レバーを握ったまま移動して、消火の前に中身を使い切ってしまうこともあるので注意が必要です。
 また、日頃から消火器の設置場所や使用期限を確認しておくことも大切です。

 
 
 
 

 当日は、外国人のみなさんの他、ボランティアの通訳の方など大勢が参加され、署員の方から貴重なお話やアドバイスをいただきながら、実践的な訓練を行うことができました。また、当館スタッフからは、消防備品の扱い方についてや具体的な事例などを交えながら、防災対策についての質問、意見交換などもさせていただきました。ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 施設管理者として、危機管理を徹底するとともに、地域や関係者の方々など、多くの方と協同・協力した訓練を重ねていくことの必要性を強く感じました。
 当事業団では、安心・安全な施設運営のため、防災対策等あらゆる事態を想定した実践的な訓練や危機管理にこれからも取り組んでいきます。

 


ページの上部へ戻る
東京都地域スポーツクラブサポートネット競技力向上競技力向上(アスリート・キャリアサポート)

障スポナビスポーツTOKYOインフォメーションTOKYO MX