スマートフォンサイトはこちら

設立目的・沿革purpose / history

当センターの設立目的

当センターは、都内における埋蔵文化財の調査、研究を行い、都民の文化財に関する理解を深めるとともに、文化財保護と地域開発の調和を図り、都民の文化生活の向上と地域文化の振興に寄与することを目的としています。



当センターのあゆみ

現在の場所に建物が作られたのは昭和60年で、多摩ニュータウンNo.57遺跡の西側部分を発掘調査して建設されています。
この建物の当初の目的は、多摩ニュータウン内で見つかった土器や石器類の出土遺物を収蔵することでしたが、一部に付属施設として「展示ホール」が併設されました。



沿革

昭和40年9月 「多摩ニュータウン遺跡調査会」発足
昭和55年7月 「財団法人東京都埋蔵文化財センター」設立
昭和60年4月 新たに開設された「東京都立埋蔵文化財調査センター」内に移転
昭和63年4月 (財)東京都教育振興財団と統合し、「財団法人東京都教育文化財団」発足
平成3年4月 対象地域を「都内全域」へ
平成11年4月 (財)都民カレッジと統合し、「財団法人東京都生涯学習文化財団」発足
平成18年4月 東京都立埋蔵文化財調査センターの管理運営を指定管理者として受託
平成19年4月 「財団法人東京都スポーツ文化事業団」に名称変更
平成23年4月 東京都立埋蔵文化財調査センターの管理運営を指定管理者として平成27年度まで受託
平成28年4月 東京都立埋蔵文化財調査センターの管理運営を指定管理者として平成32年度まで受託
遺跡庭園縄文の村 四季

都会に残された貴重な自然

詳しくはこちら
PICK UP 情報
ページの上部へ戻る
立川防災館日野市郷土資料館パルテノン多摩