スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。
冊子紹介

冊子紹介book introduction

当財団では、競技力向上のため、また現場にスポーツ医・科学サポートを知ってもらうため、国体強化選手、ジュニア強化選手、その指導者等を対象としたスポーツ医・科学の冊子をつくっています。

Challenge ジュニアアスリートのためのトレーニング (動画あり)

更新日:2011年12月01日

冊子

ダウンロードファイル

「Warm up & Cool down」に続く第3弾「ジュニアアスリートのためのトレーニング」

 3冊目冊は、トップを目指すジュニアアスリート(小学校高学年から中学生)のためのトレーニング冊子、「Challenge」をお届けします。本誌を企画した理由は、競技力向上にはジュニア時代から体力を高めていくことが重要だからです。
 ジュニアアスリートの多くは、技術練習はしても体力トレーニングはなかなか実践していないのが現状のようです。高校、大学、シニアと進んでいった時、(1)レベルの高い技術や戦術を身につけるため、(2)大きなケガをしないで競技生活を送るために体力を高めておくことが必要です。強い選手になるために、ジュニアアスリート誰もがもつ「チャレンジ精神」で、本誌のエクササイズに取り組みさらなる高みを目指せるようご活用ください。
 どのエクササイズも難易度の高いトレーニングですので、自分の体力にあわせたレベルのエクササイズを選択しましょう。
 なお、この動画は冊子「Challenge ジュニアアスリートのためのトレーニング」をよりわかりやすくするために制作致しました。冊子は、東京都が認定しているジュニアアスリート(小4〜中3)、東京都スポーツ医・科学サポート対象選手(高校生)、国体強化選手(少年:高校生、一部中学生を含む、成年:大学生と社会人)とその指導者等に配布されます。



▼ Pickupページ(1)
  • 冊子

    目次

  • 冊子

    「チャンレジしよう!」できる人はアレンジ編に挑戦しよう!できなかったらネクストチャレンジ編にGO!

  • 冊子

    ワームプルにチャレンジ

  • 冊子

    片足バランススクワットにチャレンジ

  • 冊子

    レッグパスにチャレンジ

  • 冊子

    レッグバウンドにチャレンジ

▼ Pickupページ(2)
  • 冊子

    シットアップスローにチャレンジ

  • 冊子

    プログラムモデル球技系(走・跳・蹴)

  • 冊子

    プログラムモデル球技系(投)

  • 冊子

    プログラムモデル(格闘技)

  • 冊子

    プログラムモデル(水泳系)

  • 冊子

    プログラムモデル(その他)


発行:財団法人 東京都スポーツ文化事業団 競技力向上 スポーツ医・科学サポート事業
監修:平野裕一
著者:岡野憲一
モデル:毛利実侑(ピュアR.G)、野田茉由子、小嶋華子(グレース)、長谷川敏裕、成國大志(SUKOBURU GOLD KID'S)
※モデルは東京都中学生アスリートです。<女子:新体操、男子:レスリング>

≪冊子モデル全国中学生レスリング選手権大会で活躍≫
『Challenge ジュニアアスリートのためのトレーニング』の男子モデルが、2011年・全国中学生レスリング選手権大会で活躍しております。
成國大志君(中2)が2連覇を達成。長谷川敏裕君(中3)が5位入賞。
これからの彼らの成長を期待しております。 (成國大志君の記事が日本レスリング協会のHPに掲載されています。)


競技力向上 スポーツ医・科学サポート事業で作成した冊子


冊子
SPORTSxMOVIE 撮る・見る・知る(動画あり)
2013年発行
冊子
STRONG BODY ケガを防いで、強くなる!(動画あり)
2012年発行
冊子
Challenge ジュニアアスリートのためのトレーニング (動画あり)
2011年発行
冊子
Warmup&Cooldown
2010年発行

冊子
Nutrition
2009年発行

このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923
ページの上部へ戻る