2020年東京オリンピック競技大会を見据えて

世界で活躍するアスリートの育成に向けたスポーツ医・科学的サポートの可能性

船渡 和男

測定や映像を分析したデータから
みえていなかった動きがみえてくる

2015/03/23

船渡和男氏は、日本のトップアスリートの強化を目的とする国立スポーツ科学センター(JISS)の立ち上げに貢献したスポーツ医・科学のオーソリティ。その知識と経験を生かし、成長過程にあるジュニアアスリートにも恩恵のあるスポーツ医・科学サポートを展開。“支えるスポーツ”の礎を築いている。

続きを読む
船渡 和男

PROFILE

船渡 和男(ふなと・かずお)

日本体育大学 教授
日本体育大学大学院 トレーニング科学系 教授

専門分野:スポーツバイオメカニクス、トレーニング科学
・日本バイオメカニクス学会(理事)
・日本ウエイトリフティング協会 など多くのスポーツ医科学委員会員を併任