2020年東京オリンピック競技大会を見据えて

世界で活躍するアスリートの育成に向けたスポーツ医・科学的サポートの可能性

長坂 聡子

何をどのように食べるかによって、どのようなからだがつくられるかが決まってくる。
〜今日からできる!実践スポーツ栄養学〜

2015/09/01

長坂聡子さんは、フェンシング男子フルーレ日本代表選手の栄養サポートを担当してロンドンオリンピックに帯同した実績を持つ『公認スポーツ栄養士』。陸上男子400mリレー代表選手の栄養指導にも携わるなど、トップアスリートをサポートする一方で、「からだをつくっているのは食べ物だから」とジュニアアスリートへの“食育”にも熱心に取り組んでいる。

続きを読む
長坂 聡子

PROFILE

長坂 聡子(ながさか・さとこ)

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科 博士後期課程
管理栄養士 公認スポーツ栄養士 健康運動指導士