2020年東京オリンピック競技大会を見据えて

世界で活躍するアスリートの育成に向けたスポーツ医・科学的サポートの可能性

右代 啓祐

現役トップアスリートの視点!
〜医・科学的な観点からのトレーニングとは〜

2017/12/22

陸上十種競技の日本記録保持者である右代啓祐選手は、ワールドクラスの現役トップアスリートだ。2日間で10種目を行う十種競技は、『走る』、『跳ぶ』、『投げる』という全ての身体能力が求められる過酷な競技。右代選手はこの競技で日本記録を3度更新しているが、それは、経験と知識を積み重ねてトレーニング内容を改善してきた結果だという。医・科学的な側面も重視した右代選手のトレーニング方法や競技に対する考え方は、ジュニア世代の選手にとっても競技力向上の指針となる。

続きを読む
右代 啓祐

PROFILE

右代 啓祐(うしろ・けいすけ)

陸上十種競技 選手
スズキ浜松アスリートクラブ所属
1986年北海道生まれ。2014年に日本陸上選手権大会の十種競技において8308点の日本記録を樹立し、日本代表としてロンドン五輪やリオ五輪など国際大会に数多く出場。現役のアスリートとして世界の第一線で活躍する一方、大学院博士課程にも在学し、陸上競技におけるスポーツ科学を研究している。

主な競技成績・出場大会
十種競技:8308点
(2014年5月31日-6月1日、 日本陸上選手権大会混成競技)日本記録
オリンピック(2016年リオ、2012年ロンドン)
世界選手権(2017年ロンドン、2015年北京、2013年モスクワ、2011年テグ)
アジア大会(2014年仁川〈優勝〉、2010年広州)