2020年東京オリンピック競技大会を見据えて

世界で活躍するアスリートの育成に向けたスポーツ医・科学的サポートの可能性

高妻 容一

プラス思考のセルフトークで
心の競技力を向上する!
〜メンタルトレーニングの重要性(まとめ)〜

2018/01/26 NEW

前回、8つの心理的スキルの中でも、『プラス思考』は究極の心理的スキルであると紹介した。プレッシャーをはねのけ、ピンチをチャンスに変える『プラス思考』は、アスリートにとって最も重要な考え方であり、様々な問題を解決する万能薬となるからだ。これまでの締めくくりとして、この『プラス思考』を身につけるための実践的なトレーニング方法を紹介するとともに、メンタルトレーニング全体のまとめとして基本的な心理的スキルを組み合わせて試合に応用するテクニックを解説する。

続きを読む
高妻 容一

PROFILE

高妻 容一(こうづま・よういち)

東海大学体育学部 教授
スポーツメンタルトレーニング上級指導士

国際応用スポーツ心理学会、日本スポーツ心理学会など多数の学会に所属し、Sport Psychology Council(世界各国のスポーツ心理学の代表者の組織)委員、メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会代表・事務局で活躍する傍ら、現場での指導者としても多くのチームや団体のメンタル面強化のアドバイザー等を務めている。