2020年東京オリンピック競技大会を見据えて

世界で活躍するアスリートの育成に向けたスポーツ医・科学的サポートの可能性

人生の目標、スポーツの目標を明確にし、 そのためのプロセスも具体化する。 〜『目標設定』は人生のイメージトレーニング〜

2016/10/27

高妻 容一 高妻 容一

気付けば変わる。気付けば爆発的に成長する。

「練習日誌」で頭の中をポジティブに。

目標がはっきりした。プロセスも見えた。何をやるべきかもわかった。しかし、メンタルトレーニングは日々繰り返すことでメンタルを鍛え、やる気を引き出すトレーニング。日々の練習に活かされてこそ初めて「目標設定」ができたと言える。

そこで不可欠となる存在が「練習日誌」だ。自分が階段を確実に登っているか、目標に近づいているかを毎日、評価・判断し、目標やプロセスを再確認するために必要だ。
高妻氏は、「練習日誌」をつけることに慣れていない選手のために、簡単に書き込むことができる「初級編」「中級編」の練習日誌を用意している。「初級編」は、10項目のチェックリストに沿ってその日の練習内容を5段階評価し、項目ごとにひと言コメントを書くだけ。「中級編」は、心・技・体の3つの側面から目標達成度を5段階評価し、良かった点や修正したい点、感想などを書き込めるようになっている。

「これは、過去から現在、そして未来へとつながる自分の姿をイメージトレーニングするための道具です。自らの進歩を実感することで内発的なモチベーションを維持し、さらに高めることができます」

ただし、「練習日誌」をつける際に守らなければならない約束があり、これがメンタル面でとても重要だという。

「反省をしないことです。反省するということは、ネガティブなことを思い出すこと。頭の中で考えるのはいいのですが、それを文字にして書くと潜在意識にすり込まれます。毎日、反省文を書いていたら、365のネガティブなイメージが蓄積されるのです。だから、書くときは、明日はここを改善してみよう!きっと良くなる!と楽しくポジティブに書こうと指導します」

また高妻氏はこうも言っている。

「ただ、ポジティブ=良、ネガティブ=悪というわけではありません。反省を生かすためにあえて最悪のことを考えて次の準備をすることも方法としてはありますが、まずは、ポジティブ思考を身に付けてほしいのです」

取り戻せない過去を考えるのではなく、いま自分のできることを考えて未来につなげる。そういう思考を繰り返すことで、頭の中をどんどんポジティブにしていく。

コミュニケーションがより効果をもたらす。

こうした一連の「目標設定」を行い、「練習日誌」をつけることが楽しいと感じるようになる選手は、“爆発的”に伸びると高妻氏は言う。

「コメントを書くスペースが足りない。書くのが楽しくて仕方ないと言ってくるような選手の日誌は、見返すといつ変化したかが見えてきます。自らの意思で自分の何かを変えようという姿勢に変わるのです。私はそれを“悟り”と表現しているのですが、“悟り”こそ“気付く”ということ。そうなった選手はもう大丈夫ですね」

「目標設定」のスキルに限らず、メンタルトレーニングをより有効なものにするためには、「スポーツメンタルトレーニング指導士」など訓練を受けた専門家による指導・サポートが効果的だ。ただ用紙を渡して記入させるだけでは意味がなく、コミュニケーションを図りながら選手自身に考えさせなければならず、それには体系化された知識、経験、ノウハウを要するからだ。

「例えば練習日誌。監督など指導者がチェックすると、選手のウィークポイントを指摘したり、命令口調のコメントを書いて返してしまうんです。すると選手は監督がよろこびそうなコメントを書くようになってしまい、そうなるともうメンタルトレーニングの意味はなくなります。コメントを書くならば、端的かつ短く“Good!”というような言葉を使い、あまり長く書きすぎないことが大切。メンタルトレーニングは実技です。先進国である欧米の研究結果をベースとした科学的なトレーニング法であり、やらないよりやった方が絶対にいい。導入したチームや選手はその成果を実感しています」

ましてや、指導者、保護者も一緒に学び、メンタルトレーニングの何たるかを理解することで、成果は一層高まるのだという。いつから初めてもかまわないし、遅すぎることはない。

「体を動かすことだけがトレーニングではありません。ぜひ多くのチームでメンタルトレーニングを取りいれ、心・技・体に優れた選手を育ててほしいですね」