スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

指導者講習会instructional courses in sports medicine and science

指導者の資質向上を目的とした講習会等を開催しています。

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 指導者講習会 > 講習会詳細情報

講習会詳細情報一覧へ

  • 講習情報
  • レポート

レポート

2016.11.28結果報告

 平成28年11月16日(水)に武蔵野商工会議所 市民会議室ゼロワンホールにて実践型ワークショップ『「ゾーン」とは〜高妻容一氏に学ぶ 「理想的な心理状態(ゾーン)」の作り方〜』を開催いたしました。
 今回は、東海大学から高妻容一先生をお招きしてご指導をいただきました。

『「ゾーン」とは 〜高妻容一氏に学ぶ「理想的な心理状態(ゾーン)」の作り方〜』

 今回の実践型ワークショップでは「ゾーン」とは をテーマに、前半はスポーツ心理学の基礎的な知識とメンタルトレーニングについて、実技を交えながら行い、後半は実技を中心とした体験講習を実施しました。


 【前半】

 高妻先生曰く、「メンタル」も「体力」や「技術」と同じレベルでのトレーニングが必要とのことです。まず講習会冒頭で高妻先生から「試合中において【心・技・体】の中でどれが一番重要か」という問い、「心」と答えた参加者。高妻先生から立て続けに、「実際に練習の時、【心・技・体】のどれに一番時間を割いているか」という問いに、「技」と答えた参加者。試合で心が一番重要と考えていながら何故、「心」の部分に時間を割いていないのかを問いただし、考えさせるところから始まりました。

そこから講習会資料やビデオ映像等を用い、随所に実技やパートナーワークを交えながら行い前半の講習を進めました。


 【後半】

 前半の講義内容に沿って、実際に身体を動かしながらメンタルトレーニングを体験しました。時には、仰向けに寝て心を落ち着かせ、理想的な心理状態に近づけるためにサイキングアップというスキルを用いながらトレーニング方法を実践しました。
 以上の講習内容は、アンケートから多くの参加者の方々に満足していただける内容となりました。
 
 この実践型ワークショップが多くの指導者や指導者を目指す方にとって、スポーツ現場でメンタルトレーニングを取り入れるきっかけとなれば幸いです。


  • 紹介画像1

    【前半】パートナーワーク1

  • 紹介画像2

    【前半】参加者に語り掛ける高妻氏

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4

    【後半】パートナーワーク2

  • 紹介画像5

    【後半】パートナーワーク3

  • 紹介画像6

    【後半】メンタルトレーニング法を体験!(1)

  • 紹介画像7

    【後半】メンタルトレーニング法を体験!(2)


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

講習会レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る