スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.28 コントロールテスト&コンディションサポート/カヌースラローム

日体大健志台キャンパスにて、コントロールテスト&コンディションサポートを実施しました。(担当大学:日本体育大学)

第1回コントロールテスト&コンディションサポート

 平成26年6月28日(土曜日)、今年度1回目のカヌースラロームのコントロールテスト・コンディションサポートを実施しました。
午前中にコントロールテスト(体力測定)を行い、午後からカヌーエルゴメーターを用いてのラクテートカーブテストを行いました。
 昨年度までは、2日間に渡り別々の場所で行っていた測定を今回から1か所で行うことになり、選手の移動等の負担が少なくなりました。


測定結果

 特にカヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテストでは、前回よりも測定値が上がっており、トレーニング効果をみることができました。これは、同じ運動強度であっても楽に漕ぐことができるということが測定によって明らかになりました。選手達の自信に繋がったようです。しかし、種目によっては測定値が前回値より低くなっているものもあり課題も見えてきました。
 

 測定中には、藤野コーチが選手のそばで声掛けをし、常に実践を意識しながらの測定となりました。


 池田選手・三島選手ともに長崎国体出場が決まっています。
三島選手は8月1日からスペインで開催される『2014 CANOESLALOM WORLD CUP 4』に日本代表として出場します。


応援よろしくお願いします!!


  • 紹介画像1

    測定前にしっかりと説明を行います

  • 紹介画像2

    30Mダッシュの測定

  • 紹介画像3

    脚筋力の測定

  • 紹介画像4

    メディシンボール投げ

  • 紹介画像5

  • 紹介画像6


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る