スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.52 パフォーマンスサポート/ ウエイトリフティング

「平成26年度 第58回関東ウエイトリフティング選手権大会」にて、今年度3回目のウエイトリフティングパフォーマンスサポートを実施しました。(担当大学:日本体育大学)

第58回関東ウエイトリフティング選手権大会

平成26年8月23日(土)〜8月24日(日)の2日間、栃木県立小山南高等学校にて「平成26年度第58回関東ウエイトリフティング選手権大会」が開催されました。前日までは成年男子の部において関東ブロックの国体予選が行われ、少年男子・女子の部は、個人対抗と都県対抗でそれぞれの種目において熱戦が繰り広げられました。

日体大サポートスタッフは、大会初日にカメラ設置の確認を行い、選手に対して直角左側方および正面に2台のカメラを設置して、毎秒60コマで撮影しました。


ジェンディ選手(男子85kg級)見事優勝!!

大会二日目の85kg級にインターハイで自己ベストを大幅に更新させたジェンディ今夢選手(東亜学園・3年)が出場しました。スナッチとクリーン&ジャーク両種目において、自己ベストに近い記録を成功し、見事念願の優勝をしました。本大会には、サポート対象である女子選手3名も出場しました。特に女子63kg級に出場した中山榛菜選手(第五商業・2年)は、6月関東大会からスナッチとクリーン&ジャークの拳上重量が上がり、失敗試技も少なくなりました。女子75kg級に出場した岩田優選手は見事優勝をしました。

今回の大会では、男子入賞2名、女子入賞2名という結果でした。男子選手はこの結果から3名の選手が選考され、長崎で開催される国民体育大会に参加します。女子選手は3名のサポート選手が10月初めに開催される都道府県対抗女子選手権に出場します。


大会結果

56kg級  紙屋十磨 73/記録なし
62kg級  山本耕平 70/89:159kg 7位
69kg級  佃 勝則 80/95:175kg 6位
85kg級  ジェンディ今夢 104/127:231kg 1位
94kg級  小川 懸 100/128:228kg 5位
105kg級 佐々木将之 105/115:215kg 6位
+105kg級 上水晃介 97/123:220kg 5位
53kg級  荒木晴江 51/記録なし
63kg級 中山榛菜 65/72:137kg 3位
75kg級 岩田 優 60/71:131kg 1位
(※スナッチ/ジャーク:トータル 順位)


  • 紹介画像1

    62kg級山本選手

  • 紹介画像2

    69kg級佃選手

  • 紹介画像3

    94kg級小川選手

  • 紹介画像4

    105kg級佐々木選手

  • 紹介画像5

    63kg級中山選手

  • 紹介画像6

    75kg級岩田選手


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る