スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.59 長崎がんばらんば国体2014 ウエイトリフティング競技

長崎がんばらんば国体2014/ウエイトリフティング競技

 県立諫早農業高等学校にて長崎がんばらんば国体ウエイトリフティング競技会が開催されました。
東京都代表として以下のサポート対象選手が出場しました。

少年男子53kg級    紙屋 十磨 選手(東京学園高等学校1年)
少年男子85kg級    ジェンディ 今夢 選手(東亜学園高等学校3年)
少年男子+105kg級  佐々木 将之 選手(東京学園高等学校3年)


少年男子53kg級

 高校1年生ながら少年男子53kg級に出場した紙屋十磨選手は本人曰く、とても緊張してしまったとのことで普段通りに臨めず、スナッチ種目では10位、クリーン&ジャーク種目では11位になり、入賞に届きませんでした。


少年男子85kg級

 少年男子85kg級に出場したジェンディ今夢選手は7位から12位までが1kg刻みで接戦のスナッチ種目において、見事8位入賞を果たしました。 クリーン&ジャーク種目では1試技目でインターハイ時の記録よりも重い130kgに成功しましたが、結果は13位でした。


少年男子+105kg級

 少年男子+105kg級に出場した佐々木将之選手はスナッチ種目では1試技目に105kgを挙げ、結果は惜しくも9位。クリーン&ジャーク種目では1試技目に125kgを挙げましたが、その後の2試技目、3試技目で失敗してしまい、結果は11位でした。


国体初出場を果たし奮闘した紙屋選手、ジェンディ選手、佐々木選手。彼らの今後の活躍に期待しましょう!

 東日本大震災復興支援 第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」 より


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4

  • 紹介画像5

  • 紹介画像6

  • 紹介画像7

  • 紹介画像8

  • 紹介画像9

  • 紹介画像10

  • 紹介画像11

  • 紹介画像12


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る