スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.60 長崎がんばらんば国体2014 バドミントン競技

長崎がんばらんば国体2014/バドミントン競技

長崎市民体育館にて長崎がんばらんば国体のバドミントン競技が開催されました。東京都の代表に選ばれた以下のサポート対象選手が出場しました。
少年女子 団体
   仲井 由希乃(日本橋女学館高等学校 3年)
   石原 優美 (日本橋女学館高等学校 2年)
    岩谷 果歩 (日本橋女学館高等学校 2年)
バドミントン団体の試合は、1複2単※(複1/単1/単2)の2ゲーム先取の3ゲームマッチで行われました。
                                      ※複:ダブルス、単:シングルス


1回戦(東京2―愛媛0)

長崎がんばらんば国体のバドミントン少年女子団体東京の初戦は,愛媛代表との対戦なりました。第1複の仲井/岩谷ペアは苦戦をしながらも21-19で第1ゲームを取りました。第2ゲームでは、21-10と危なげなく勝利しました。第1単に出場した石原選手も、ストレートで相手を下し、東京代表は2-0で愛媛に勝ちました。


2回戦(東京2―京都1)

第2回戦、東京代表の対戦相手は京都代表となりました。第1複の仲井/岩谷ペアは、第1ゲーム22-20、第2ゲーム21-19と接戦ではあったものの、ストレートで相手に勝利しました。第1単の石原選手は、第1、第2ゲームとも12-21で落としてしまいましたが、第2単の仲井選手がストレートで勝利し、次の準々決勝に進みました。


準々決勝(東京0−埼玉2)

準々決勝は、埼玉代表との対戦となりました。第1複の仲井/岩谷ペアの対戦相手は、今年(第65回目)のインターハイのダブルスで優勝した川島/尾崎ペアで、第1ゲーム18-21、第2ゲーム16-21と惜しくも第1複の勝ちを逃してしまいました。第1単の石原選手は、複でも出場した尾崎選手との対戦となり、第1ゲーム13-21、第2ゲーム10-21と落としてしまいました。結果、東京代表は0-2で埼玉代表に敗れてしまいました


バドミントン少年女子団体東京の今大会は5位という結果になりました。

素晴らしい試合をみせてくれた少年女子団体東京、高校3年生でチームを引っ張った仲井選手、本当にお疲れ様でした。
石原選手、岩谷選手は仲井選手の高校の後輩でもあり、まだまだ、伸び盛りの高校2年生です。今後の活躍を楽しみにしています。
                       東日本大震災復興支援 第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」 より


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4

  • 紹介画像5

  • 紹介画像6


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る