スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.61 長崎がんばらんば国体 カヌースプリント競技

長崎がんばらんば国体/カヌースプリント競技

諫早市多良見特設カヌー競技場にて長崎がんばらんば国体のカヌースプリント競技会が開催されました。
以下のサポート対象選手が出場しました。

カヤックシングル(少年男子)      原  拓当(日体荏原高等学校3年)
カナディアンシングル(少年男子)    大熊 崇胤(日体荏原高等学校2年)
カヤックシングル(少年女子)      久保田愛夏(飛鳥未来高等学校3年)
カヤックペア―(少年女子)       宍戸 美華(日体荏原高等学校3年)

 台風の影響で競技日程が大幅に変更になり10/15に500M全日程,10/16に200M全日程の2日間で開催されました。選手にとってはとてもハードなレースとなりました。


(500M競技)

国体1日目に行われた500m競技では、シングル競技に参加した3名の選手はとても緊張している様子でした。予選は午前中に行われすべての選手が準決勝へとコマを進めました。原選手、大熊選手は残念ながら準決勝敗退となりましたが、久保田選手と宍戸選手は決勝へ進出しそれぞれの種目で5位に入賞しました。


(200M競技)

2日目長崎国体最終日は、200m競技でした。朝のうちは今までで最高の水上コンディションでした。選手達も予選では、思う存分漕げたのではないでしょうか。午後はうねりが出て思い通りのレース展開ではなかったようですが、そんな中でもサポート選手達は最後まで漕ぎきりました。宍戸選手が3位、久保田選手が5位に入賞しました。

関東ブロック大会を勝ち抜いて国体に出場した選手達!
慣れない海でのレースでしたが、最後のひとパドルまであきらめずに漕ぎました!!


彼らの今後の活躍が楽しみです!!

東日本大震災復興支援 第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」 より


  • 紹介画像1

    原選手

  • 紹介画像2

    久保田選手(5レーン:ピンクのウエア)

  • 紹介画像3

    大熊選手

  • 紹介画像4

    見事入賞!久保田選手


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る