スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.65 コントロールテスト&コンディションサポート/ボクシング

コントロールテスト&コンディションサポートを実施しました。 【ボクシング】

第2回コントロールテスト&コンディションサポート


 国士舘大学にて、10月26日(土)と11月1日(日)の2日間でボクシング選手のコントロールテストとコンディションサポートを行ないました。 

 コントロールテストは、瞬発力「30mダッシュ」「立ち幅とび」「メディシンボール投げ」、筋力「スクワット」「ベンチプレス」「握力」、敏捷性「反復横とび」、筋持久力「上体起こし」、全身持久力「20mシャトルラン」の9種目のテストを行っています。
 コンディションサポートでは、競技種目に応じた必要な体力を測ります。ボクシングでは、身体組成(体脂肪率や除脂肪量など)、形態計測(上肢下肢の長さや太さ)、筋厚(筋肉の厚さ)、動的バランス、体幹筋力、脚筋力、腕の筋力、無酸素パワーなどを測定しています。

 測定項目の中には、前回の記録(H26.5.11測定)を大きく更新するものもあり、選手たちのトレーニングの成果が見た目だけでなく、数値にもしっかりと表れていました!

 前回の測定結果と比べ、自分の身体や体力がどのように変化したのかを客観的に評価することはとても重要です。今回の測定データを活用して今後のトレーニングに取り組んでもらいたいと思います。


  • 紹介画像1

    無酸素パワーの測定

  • 紹介画像2

    体幹の筋力測定

  • 紹介画像3

    腕の筋力測定

  • 紹介画像4

    ベンチプレス

  • 紹介画像5

    スクワット

  • 紹介画像6

    20mシャトルラン

【平成26年度記事一覧(ボクシング)】

このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る