スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.87 レスリング/パフォーマンスサポート

 栃木の足利市民体育館にて1月31日と2月1日の2日間で関東高等学校選抜レスリング大会が開催されました。

関東高等学校選抜レスリング大会

 サポート対象選手からは山内壮選手(自由ヶ丘学園)と押田ロバート選手(日工大駒場)の2名が出場しました。

 サポート選手の結果は以下の通りです。
 
【個人対抗戦 60kg級】
 山内 壮 選手      2回戦敗退
 押田 ロバート 選手 1回戦敗退


この経験を次へ

 山内選手は2回戦で、昨年のインターハイで準優勝等、実績のある相手(今大会優勝)になかなか攻めることができず1-5の敗戦。しかし試合の後半は1点を取り返すなど、可能性を感じさせてくれる内容でした。押田選手も初めて出場するこの大会に緊張したのか、思うように力が発揮できなかったように感じました。試合後に指導者のアドバイスを真剣に聞く押田選手が印象的でした。

 今回の大会は2名とも残念な結果に終わってしまいましたが、来年度に向け今大会の経験をいかし、春に2人の大きく成長した姿が見られることに期待しましょう。


  • 紹介画像1

    山内 壮 選手(赤)

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

    押田 ロバート 選手(青)

  • 紹介画像4


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る