スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2015年度

No.10 バドミントン/心理的サポート

平成27年5月7日に淑徳巣鴨高等学校、9日に日本橋女学館高等学校にて、今年度2回目の心理的サポート(メンタルトレーニング)を実施しました。
担当大学:東海大学

前回のメンタルトレーニングでは、メディカルチェックを行った際に受けた心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)のフィードバックとメンタルトレーニング及びスポーツ心理学の基礎的な知識について説明を受けました。
今回の講習では、試合が近いこともあり、実践(実際の試合、練習)で使える心理的スキル(心理的スキルの中のプラス思考)について行いました。
当初、実技トレーニングなども含め楽しそうにリラックスして話を聞いていた選手たちも講習の最後に講師から大会に向けて心理的な面からのアドバイスの話になると真剣な目つきになり、大会(インターハイ)にかける思いが、こちらにも伝わってきました。


今後は、スポーツ心理学のテクニックを用いた科学的なサポートで選手のメンタル面の強化を図っていければと思います。
選手たちはインターハイ出場を目指し、現在、東京都予選を戦っています。


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る