スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2015年度

No.35 カヌースラローム/コンディションサポート&コントロールテスト

平成27年7月26日(日曜日)にカヌースラロームの今年度1回目のコントロールテスト及びコンディションサポートを行いました。加えて、トレーニングサポートも実施しました。
(担当大学:日本体育大学)

コントロールテスト・コンディションサポート

 本年度1回目のカヌースラローム競技コントロールテスト及びコンディションサポートを行いました。
 測定内容は、形態計測、身体組成、筋力および基礎体力テストでした。
 加えて、カヌースラローム競技に特化した体力要素を評価するために、カヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテスト(トレーニングサポート)も行いました。


 コントロールテストにおいて、三島廉選手は背筋力やメディシンボール投げ等の筋力・瞬発系種目の値が前回よりも向上していました。また、ウエイト1RM(最大挙上重量)測定では、前回よりもベンチプレスが10kg、スクワットが3kg増加し、好ましい結果となりました。


トレーニングサポート「カヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテスト」

 三島廉選手は前回に比べて、LTの出現が40ワットと増加し、オールアウトも110ワットで1ステージ延長がみられ、有酸素性作業閾値(40ワット)の向上がみられました。
 三島節選手は、初めてのエルゴメーターを用いた測定であり、OBLA(一定の負荷を超えると乳酸の生成が利用を大幅に上回る地点)の出現が60ワット (三島廉選手は70ワット)であったことから、有酸素性作業能力向上の必要性が課題となりました。


三島選手は、8月7日からスペインで開催されるワールドカップに日本代表として出場予定である。


  • 紹介画像1

    上体おこしをしている「三島廉」選手

  • 紹介画像2

    背筋力測定「三島節」選手

  • 紹介画像3

    立ち幅跳び測定「三島節」選手

  • 紹介画像4

    反復横跳び測定「三島廉」選手

  • 紹介画像5

    30m走測定「三島節」選手

  • 紹介画像6

    30m走測定「三島廉」選手

  • 紹介画像7

    メディシンボール投げ計測「三島廉」選手

  • 紹介画像8

    カヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテスト「三島節」選手

  • 紹介画像9

    カヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテスト「三島節」選手

  • 紹介画像10

    カヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテスト「三島廉」選手

  • 紹介画像11

    カヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテスト「三島廉」選手


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る