スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2015年度

No.44 陸上競技短距離・跳躍/2015紀の国わかやま国体

 平成27年10月2日(金)から6日(火)の5日間にかけて、和歌山県和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場にて、第70回国民体育大会(2015紀の国わかやま国体)陸上競技が開催されました。

【出場選手】



 橋岡優輝選手(八王子高校2年、少年男子A走幅跳、成年少年男子共通4×100mR)

 酒井由吾選手(南多摩中等教育学校1年、少年男子B走幅跳)


【最終結果】


 橋岡 優輝(八王子2年)
 ・少年男子A走幅跳 2位 7m52
 ・成年少年男子共通4×100mR 1走 失格

 酒井 由吾(都南多摩1年)
 ・少年男子B走幅跳 1位 7m50


【サポート選手の活躍】

 大会2日目(10月3日)に実施された少年男子A走幅跳では、橋岡選手が出場しました。
 当日は強い風が吹き、同会場で行われたインターハイで上位入賞を果たした他の選手も助走に苦しむ姿が見られる中、3本目の跳躍で3位の位置につけ、4本目以降の決勝へ進みました。4本目以降に進んだ8人がなかなか記録を伸ばすことができない中、最終跳躍の6本目に7m52に記録を伸ばし、見事2位に入賞しました!

 大会4日目(10月5日)には少年男子B走幅跳に酒井選手が出場しました。
 この日も2日目と同様に、助走路の風が安定せず、苦しむ選手が多く見られました。そんな中、酒井選手は1本目で7m31を跳びトップに立つと、2本目に大会記録に迫る7m50の自己ベストを大きく上回る跳躍を見せ、2位に40cm以上の差をつけて4本目以降の決勝へ進みました。4本目以降は大会記録の更新を目指し、力強い跳躍を見せていましたが、記録を伸ばすことができませんでした。それでも7m50で見事に優勝を果たしました!

大会の様子を写真で紹介します。


  • 紹介画像1

    橋岡選手 1

  • 紹介画像2

    橋岡選手 2

  • 紹介画像3

    酒井選手 1

  • 紹介画像4

    酒井選手 2


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る