スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2016年度

No.30 ウエイトリフティング/トレーニングサポート

 平成28年6月18日(土曜日)味の素スタジアムにて、ウエイトリフティング競技のトレーニングサポートを実施しました。
担当大学:日本体育大学

測定内容

 キャリパーを用いての除脂肪量及び体脂肪量の計測とビデオカメラを用いての挙上フォームの撮影(確認)を行いました。

 ビデオカメラを用いての撮影目的は、異なる重量でのスナッチ及びクリーン&ジャークの挙上フォームを確認(チェック)することでした。
 選手たちは、7月、8月の大会に向けた鍛錬期であったため70-80%の重量で練習を行っていました。
 今回は新しい取り組みとして、各選手からの要望に答えて撮影を行い、即座に映像のフィードバックを実施しました。

 コーチや選手からの要望に応える(新しいことをやる)ことで、競技力向上につながるサポートになればと考えています。


測定結果

 前回のトレーニングサポートの結果と比べて、男女共に体重の変化はみられなかったものの、体脂肪量の低下と除脂肪量の増加がみられました。なかでもある男子選手は、前回から5kg以上も除脂肪量の増加がみられました。


今後のサポート予定

 次回は、7月22-24日(於 長野県松本市)を予定しています。


  • 紹介画像1

    ビデオカメラを用いての撮影風景

  • 紹介画像2

    撮影した動画(試技)を確認する選手

  • 紹介画像3

    撮影した動画(試技)を確認する選手

  • 紹介画像4

    フィードバック風景

  • 紹介画像5

    フィードバック風景


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る