スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2016年度

No.74 陸上短距離・跳躍/トレーニングサポート・栄養サポート

 平成29年1月14日(土)、15日(日)に味の素ナショナルトレーニングセンター 陸上トレーニング場にて、陸上短距離・跳躍選手のトレーニングサポート、栄養サポート及びコントロールテスト・コンデションサポートのフィードバックを実施しました。
(担当大学:日本女子体育大学)

<トレーニングサポート>

 このサポートは、全日本ジュニア強化選手(陸上短距離・跳躍)との合同練習(15日に実施)を含むサポートです。サポートスタッフ(指導者)として、日本女子体育大学教授・陸上競技部コーチの石塚浩先生を中心に、吉田孝久先生(日本女子体育大学)、新井智之先生(明星学園高等学校)、下山良成先生(東京都陸上競技協会強化副部長)と橋口広忠先生(東京都陸上競技協会普及強化委員会委員)のご協力を頂きました。
 石塚、吉田両先生は全日本強化に携わっておられ、新井先生は短距離選手として全日本選手権に出場されたこともあるなど強力な体制でのサポートとなりました。


【14日】

 寒波到来の凍えるような寒さの中、15時から練習が始まり、サポートスタッフの新井先生を中心に短距離・跳躍の各種目合同で指導を受けました。ウォーミングアップも兼ねてメディシンボールで体幹を強化したり、ハードル等を使って股関節周りの筋の強化を行っていました。
 普段サポート選手が一堂に練習することやいつもとは違う指導者に指導を受ける機会がないため、サポート選手にとっては大変貴重な経験となりました。


【15日】

 この日は全日本ジュニア強化選手と合同で練習を行いました。昨年度までテクニカルサポート選手であった橋岡優輝選手を含む全日本ジュニア選手達と一緒に練習することで強い刺激を受けたようです。
 練習は午前9時から短距離種目、跳躍種目のそれぞれの専門とする種目に分かれて行われました。コーチは全日本ジュニア選手たちを指導している方々で、サポート選手は、コーチの話や練習メニューに熱心かつ楽しく練習している姿が印象的でした。

 午後の練習も午前練習と同様に各種目に分かれて行いました。特に跳躍種目の練習では人数も少ないことから選手と指導者が話す機会が多く、練習方法や弱点強化の方法を聞けたり、実りのある練習になったのではないかと思います。
 両日ともケガで満足に練習できなかった一瀬星和選手(明星学園高)は、サポートスタッフから別メニューをもらい、「もらったメニューをあとで忘れたくないから」と言ってノートにメモしながら地道に練習していました。

 今回、全日本ジュニア強化選手の皆さんと練習をさせていただき誠にありがとうございました。また本合宿の運営をしてくださった先生方、ありがとうございました!!


<栄養サポート>

 15日(日)の夕方は、栄養サポートが行われました。講師は、早稲田大学の長坂聡子先生(スポーツ栄養)です。「栄養の摂り方のベースの考え方」、「冬季トレーニング期の栄養の摂り方及び注意点」や「冬季からシーズンインして栄養の摂り方及び注意点」などについてお話いただきました。
 身体は毎日の食事でつくられており、競技力を上げるには糖質の摂取がポイントになること、競技を行う上で体重1kgあたり6g以上の糖質を取る必要があるとのことで、具体的にどの食品にはどのくらいの糖質が含まれているかなど数値を用いて理解しやすく講義を行っていました。最後に長坂先生から「この講義で聴いて学んだ事を今日の夕食の時に実践してみてください」とお話がありました。

 選手達は、練習後に講義を行いましたが、真剣な表情でメモを取りながら聴いていました。


<コントロールテスト・コンデションサポートのフィードバック>

 栄養サポートに引き続き、コントロールテストとコンディションサポートの結果説明が行われました。講師は、日本女子体育大学の佐藤耕平先生(運動生理学)です。まず、短距離・跳躍選手に必要な体力要素は何か?データをどのように練習に活用していくべきかなどについてお話がありました。体力的に非常に優れているとお墨付きをもらった選手達や改善点が見つかった選手達、来シーズンに向けて、どのようなトレーニングをしていくかが鍵になりそうです。
 最後に、石塚先生よりコントロールテストとコンデションサポートの測定意義についてお話がありました。「各種測定をすることにより数値を一つの指標にして、自身の現在の競技力を把握することができ、同年代の選手や日本のトップレベルの選手と比較できる」とおっしゃっていました。選手の皆さんには、データをうまく活用して競技力の向上を図ってもらいたいです。

 2日間にわたって行われたサポートの様子をご覧ください。


  • 紹介画像1

    【14日】ハードルを使ったトレーニング

  • 紹介画像2

    別メニューで石塚先生の指導を受ける一瀬星和選手

  • 紹介画像3

    【15日】跳躍種目の練習に参加する栗原理沙選手(左手前)と佐藤黎選手(左奥)

  • 紹介画像4

    【15日】跳躍種目の練習:一瀬輝星選手

  • 紹介画像5

    【15日】短距離種目の練習:坂本昂平選手

  • 紹介画像6

    【15日】短距離種目の練習:齋藤陸人選手

  • 紹介画像7

    【15日】短距離種目の練習:瀬川竜平選手

  • 紹介画像8

    【15日】吉田先生から指導を受けるサポート選手達

  • 紹介画像9

    新井先生から指導を受けるサポート選手達

  • 紹介画像10

    栄養サポート風景

  • 紹介画像11

    栄養サポート:一生懸命メモを取る栗原選手

  • 紹介画像12

    コントロールテスト・コンディションサポートのフィードバック風景1

  • 紹介画像13

    コントロールテスト・コンディションサポートのフィードバック風景2:一瀬輝星選手

  • 紹介画像14

    測定意義の説明風景:石塚先生


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る