スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2016年度

No.76 レスリング/パフォーマンスサポート

 平成29年2月4日から5日まで、駒沢体育館にて「正田杯第43回関東高校選抜レスリング大会」及び「第1回関東高校選抜女子レスリング大会」が行われ、パフォーマンスサポートを実施しました。
 担当大学:国士舘大学

サポート内容

 試合中にマット側方から1台のカメラを用いて撮影された映像データを動作分析やゲーム分析に利用し、指導者や選手に有効な情報として提供を行っています。
 その映像データを大会期間中にも、次の試合に備えるため即時フィードバックとして選手に提供しました。また惜しくも敗退してしまった選手においても同様に、今後の競技力向上のために映像データを提供し、つい先ほどまで戦っていた試合から自分自身で反省・改善できるようデータを役立てています。


本大会へ出場したサポート選手及びその結果は以下の通りです。

【男子50kg級】
  森川 海舟 選手 (自由ケ丘学園高1年) 優勝
 シードのため大会2日目からの出場となった森川選手は順当に駒を進めました。後に一番苦労した試合と語った準々決勝戦を5-0のPOで勝ち(敗者得点なし)、その後の準決勝、決勝は危なげない戦いで優勝を飾りました。また昨年の国体サポート時よりローリングなどのパワーを使うプレーが多く見られ、体力面の成長を感じさせました。


【男子74kg級】
  伏見 達之介 選手 (大森学園高2年)  2回戦敗退
 階級を上げて臨んだ伏見選手は、昨年末のコンディションサポート時よりも身体が大きく感じられ、試合でのパフォーマンスもダイナミックかつ力強さを感じさせる試合内容でした。しかしながら、普段戦っている階級ではないこともあり、相手の攻めに苦戦して、2回戦敗退となってしまいました。


【女子52kg級】
  塚本 かおり 選手 (日工大駒場高2年) 1回戦敗退
 試合開始早々から相手の攻めに苦しみ、ポイントを奪われてしまい、塚本選手も攻め返しますが、相手の攻めが強く1分17秒でフォール負けとなってしまいました。

 以上の結果により、森川選手が3月に行われる全国高校選抜レスリング大会への出場権を得ました。応援よろしくお願いします!!



  • 紹介画像1

    赤:ローリングにてポイントを奪う森川選手(自由ケ丘学園高1年)

  • 紹介画像2

    赤:ダイナミックかつ力強く相手を投げる伏見選手(大森学園高2年)

  • 紹介画像3

    赤:相手と組み合う塚本選手(日工大駒場高2年)

  • 紹介画像4

    優勝した森川選手(自由ケ丘学園高1年)


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る