スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2017年度

No.9 陸上競技パフォーマンスサポート

平成29年5月13‐14日に駒沢オリンピック公園の陸上競技場にて第72回東京都高等学校総合体育大会、秩父宮賜杯 第70回全国高等学校陸上競技対校選手権大会東京都予選が開催され、陸上競技(中・長距離)のパフォーマンスサポートを実施しました。本大会はインターハイ出場に向けて、上位6名の選手が関東大会の出場権を得ることのできる大切な大会です。
担当大学:日本体育大学

サポート内容

本サポートは、レース映像を用いてレースパターンを分析することやハイスピード映像による走動作のチェックを目的として行いました。
ビデオカメラ
2台をスタンド最上段の踊り場に設置し、パンニング撮影を行いました。また、ハイスピードカメラ1台は観客席中央の最前列に設置して撮像を行いました。


大会1日目

1日目は、女子400m予選において、高田選手が1組1着(57秒49)となり、午後に行われる決勝へ進出しました。
男子1500m予選において、阿部選手は2組5着ではあったが、4分4秒93のタイムでひろわれ、決勝進出を決めました。女子1500m予選においては、甲本選手が2組2着、前田選手が4組2着となり、翌日に行われる決勝へ進みました。
女子400m決勝に進んだ高田選手は序盤から積極的な走りをみせ2位(56秒39)となりました。
男子1500m決勝に出場した阿部選手は先頭集団のペースについていくことができずに12位(4分8秒87)という結果となった。


大会2日目

2日目、女子1500m決勝は、前田選手が先頭でレースを進め、前田選手が1位(4分27秒52)、甲本選手が12位(4分47秒16)となりました。
今大会のフィードバックは、今週末(5月20日、21日)に行うパフォーマンスサポートのレース映像と合わせて、1週間以内にWebへアップする予定である。
今週末に行われる東京都高校総体2週目では、男子5000m、女子800m、3000mが行われ、今回と同様のパフォーマンスサポートを実施する予定でいます。
 


  • 紹介画像1

    甲本選手

  • 紹介画像2

    阿部選手

  • 紹介画像3

    高田選手

  • 紹介画像4

    女子3000mで優勝した前田選手


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る