スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2017年度

No.10 アーチェリー/パフォーマンスサポート

平成29年5月14日(日)に都立第四商業高等学校のグラウンドにて東京都高体連アーチェリー全国大会予選が開催され、今年度1回目のアーチェリー競技のパフォーマンスサポートを実施しました。本大会はインターハイ出場出場権を得ることができる大切な大会です。
担当大学:日本体育大学

サポート内容

競技中の射型(リリース、フォロースルー等)をビデオ撮影し、選手が自分自身でフォーム確認を行い、次大会に活かす目的で実施しました。
撮影は、選手の斜め右側約10mの校舎から、5台のビデオカメラを用いて12エンドの撮影を行いました。


成績

男子 個人
上位2名の選手が団体でのインターハイ出場を決めたことにより、サポート選手である小林選手と大谷選手が個人でのインターハイ出場を掛け、熾烈な争いとなった。3位(小林選手)と4位(大谷選手)の選手の総合得点は同一であったが、X数(10点)の回数が1つ多かった小林司選手が個人でのインターハイ出場を決めました。

女子 個人
古川由紀乃選手(日本工業大学駒場高校3年)は、団体でのインターハイ出場を決めていたが、前半から2位以下の選手を引き離し見事優勝しました。また、今年度からの新規サポート選手となった浅岡知穂選手(日本工業大学駒場高校1年)は1年生ながら10点を射抜いた回数が個人で優勝した古川由紀乃選手も多いという結果を残した。浅岡選手は、前半の得点が伸びずに5位となりました。しかしながら、今後が本当に楽しみな選手です。




 


結果

種別 / 順位 氏  名 高 校 名    得 点
男子個人   1位 石井 佑哉 駒場東邦高校1年   624点
男子個人   3位 小林  司 日本工業大学駒場高校2年   607点
男子個人   4位 大谷 友我 都立山崎高校3年   607点
男子個人   9位 平林 優人  都立松が谷高校3年   572点
男子個人 21位 加藤 正晃 日本工業大学駒場高校3年   545点
女子個人   1位 古川 由紀乃 日本工業大学駒場高校3年   587点
女子個人 4位 矢島 萌音 日本工業大学駒場高校2年   569点
女子個人   5位 浅岡 知穂 日本工業大学駒場高校1年   562点
女子個人 33位 七野 梨芽 都立松が谷高校2年   298点
男子団体   1位   駒場東邦高校 1811点
女子団体   1位   日本工業大付属駒場高校 1718点
*インターハイ出場は、個人1位と団体の1−2位で個人1位を除く高校 



このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る