スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2017年度

No.78 レスリング/パフォーマンスサポート

平成30年3月28日(水)から29日(木)まで、新潟県新潟市体育館にて風間杯第61回全国高等学校選抜レスリング大会が開催され、サポート対象選手へパフォーマンスサポートを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

<サポートについて>

レスリングのパフォーマンスサポートは、サポート選手やその指導者が映像データを動作分析やゲーム分析に利用するため、サポートスタッフにより、対象選手の全試合と、競技団体から依頼のあったライバル選手の全試合をマット側方よりビデオカメラで撮影しました。その映像データをタブレットに移し、大会期間中に、次の試合に備えるため即時フィードバックとして選手及び指導者に提供しました。
今後は今大会で撮影した映像データを後日、改めてサポートスタッフがDVDに移して、フィードバックとして指導者や選手に提供する予定です。
 


 <出場したサポート対象選手について>

男子個人対抗戦
・55kg級 森川 海舟   (自由ヶ丘学園高2年) 優勝
・60kg級 飯田 翔真   (自由ヶ丘学園高2年) 第2位
・74kg級 今村 大地   (自由ヶ丘学園高2年) 第3位
本大会での結果は、森川選手は第1位、飯田選手は第2位、今村選手は第3位となりました。
森川選手は、昨年度、同大会の50kg級で優勝しており、今年度は階級を上げて臨み見事優勝を果たしました。しかしながら決勝戦は、苦戦を強いられ、序盤は得点を奪う事ができませんでしたが、粘り強く攻め続け、ポイントを重ねて4−0で勝利しました。
飯田選手は、今年度の主要大会で初めてとなる決勝進出を果たし、ポイントを奪い合うシーソーゲームとなりましたが、惜しくも敗退となりました。
今村選手は、順調に勝ち進んで迎えた準決勝戦、試合が始まり相手の猛攻を受けポイントを奪われてしまい、反撃に出るも3点どまりで、9−3で判定負けとなってしまいました。
今大会で出た課題をしっかり修正し、来年度にはさらなる活躍に期待したいと思います。
 


  • 紹介画像1

    赤:森川選手

  • 紹介画像2

    赤:飯田選手

  • 紹介画像3

    青:今村選手

  • 紹介画像4

    森川選手

  • 紹介画像5

    飯田選手

  • 紹介画像6

    今村選手


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る