スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2018年度

No.3 ボクシング/栄養サポート

 平成30年4月22日(日)、日本女子体育大学 健康管理センターにてボクシングのサポート選手を対象に栄養サポートを実施しました。
(担当大学:早稲田大学)

【 内 容 】(2部構成で実施)

<1部:選手+保護者向け(1時間講習)>
 ・アスリートの基本形の食事について
 ・試合期ウエイトコントロール、減量、摂取及び間食について(試合間も含めて)
 ・コンビニ活用法
 ・時短料理メニューの紹介など
 
<2部:保護者向け(質疑応答含む1時間程度)>
 2部は、選手の親が作成した、日々の献立を講師に評価していただきたいとのことで、ある1日の献立を保護者全員で共有し、階級ごとの食事例を挙げながら講習しました。
 


【セミナー当日の様子】

 ボクシング競技にとって、試合前はもちろん普段の練習でもウエイトコントロールが非常に重要です。そのためには、選手及び保護者の栄養(食事)に関する知識が必要となってきます。1部ではそのことを担当講師から改めて解説してもらい、アスリートの食事の基本形やウエイトコントロールに重要な食生活など分かりやすく話していただき、参加した選手や保護者から、食事における疑問などを講師に質問していました。第1部が終わった後、選手から、すごく分かりやすかったなどの感想を聞く事ができ、非常に満足度の高い講習となりました。
 
 2部では、保護者から普段の一日の食事メニューを提出してもらい、担当講師からアドバイス等の改善点を、選手の階級に合わせながら解説していただきました。今回のこの取り組みは、非常に保護者等から好評で、各家庭に沿った解説ができたため、より深く個人的にサポートを実施する事ができました。
今回のサポートを活かしてほしいと思います。
 


  • 紹介画像1

    第1部の様子

  • 紹介画像2

    第1部の様子

  • 紹介画像3

    第2部の様子

  • 紹介画像4

    第2部の様子


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る