スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2018年度

No.13 空手道/パフォーマンスサポート

 平成30年6月9日〜10日に茨城県立武道館にて、平成30年度第47回関東高等学校空手道大会が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

【サポート内容】

 空手道競技では、マット正面の位置からビデオカメラを用いて試合中に撮影された映像データを試合分析に利用し、指導者や選手に有効な情報として提供しています。また大会期間中にも、次の試合に備えるため即時フィードバックとして選手に提供しています。
 


【出場選手一覧(個人形)】

選 手 名 学 校 名 出 場 種 目 結 果
田野 恵都 東京女学館高校3年 女子個人形 優勝
川上 菜菜 日本大学鶴ヶ丘高校3年 女子個人形 1回戦敗退
加賀美 駿斗 世田谷学園高校2年 男子個人形 1回戦敗退
 

 


【出場選手一覧(個人組手)】

選 手 名 学 校 名 出 場 種 目 結 果
長沼 俊樹 保善高校3年 男子個人組手 3回戦敗退
星 大輔 帝京高校3年 男子個人組手 1回戦敗退
野口 暖日 帝京高校3年 女子個人組手 3回戦敗退
南保 空花 帝京高校3年 女子個人組手 2回戦敗退
今井 えり 帝京高校2年 女子個人組手 3回戦敗退
米盛 希々子 帝京高校1年 女子個人組手 2回戦敗退

 


【今後について】

 今大会は、10名のサポート選手の内、9名が出場しました。 
 中でも、女子個人形で優勝した田野恵都選手は、2、3回戦を僅差で勝ち上がり優勝を果たしました。今大会の優勝は日頃のメンタルトレーニングの成果も一つの要因だと話していて、今後の試合に良い影響を及ぼしてくれることと思います。
 今後は、6月17日(日)にインターハイ予選があり、パフォーマンスサポートを実施する予定です。


  • 紹介画像1

    撮影スタッフによるサポート風景

  • 紹介画像2

    川上選手

  • 紹介画像3

    優勝した田野選手

  • 紹介画像4

    加賀美選手

  • 紹介画像5

    南保選手(赤)

  • 紹介画像6

    米盛選手

  • 紹介画像7

    星選手(青)

  • 紹介画像8

    長沼選手(青)


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る