スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2018年度

No.14 空手道/パフォーマンスサポート

 平成30年6月17日、国士舘大学メイプルセンチュリーホールにて、平成30年度全国高等学校総合体育大会東京都予選会が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

【サポート内容】

 空手道競技では、マット正面の位置からビデオカメラを用いて試合中に撮影された映像データを試合分析に利用し、指導者や選手に有効な情報として提供しています。今回はその映像データをDVDに編集し、今後の課題改善のため選手や指導者に送付する予定です。


【出場選手について】

 今大会は全国高校総体(以下:インターハイ)出場がかかる重要な試合です。その重要な試合に、下記のサポート選手達が出場し、熱戦が繰り広げられました。
 女子個人組手では、女子のサポート選手4名がベスト4に残り、熾烈な戦いを野口暖日選手制しました。また男子個人組手も準決勝でサポート選手の長沼俊樹選手と星大輔選手がぶつかり、長沼選手が制し、その勢いのまま優勝を決めました。
 女子個人形では、先日の関東大会での優勝に続いて、田野恵都選手が心理的サポートの効果もあり優勝を決めました。
 


【出場選手一覧(個人形】

選 手 名 学 校 名 出 場 種 目 結 果
田野 恵都 東京女学館高校3年 女子個人形 優勝
川上 菜菜 日本大学鶴ヶ丘高校3年 女子個人形 第3位
加賀美 駿斗 世田谷学園高校2年 男子個人形 第3位


【出場選手一覧(個人組手】

選 手 名 学 校 名 出 場 種 目 結 果
長沼 俊樹 保善高校3年 男子個人組手 優勝
星 大輔 帝京高校3年 男子個人組手 第3位
野口 暖日 帝京高校3年 女子個人組手 優勝
南保 空花 帝京高校3年 女子個人組手 第4位
今井 えり 帝京高校2年 女子個人組手 第2位
米盛 希々子 帝京高校1年 女子個人組手 第3位


【今後について】

 以上の結果により、女子個人形で優勝した田野恵都選手、男子個人組手で優勝した長沼俊樹選手、女子個人組手で優勝した野口暖日選手及び準優勝した今井えり選手が個人種目でインターハイに出場することが決定しました。勝った選手は勿論ですが、負けてしまった選手達も試合全体で見ると、優秀な成績を残すことができました。
 今後ともサポート選手の応援を宜しくお願い致します。


  • 紹介画像1

    川上選手(3位決定戦にて)

  • 紹介画像2

    決勝戦前の田野選手

  • 紹介画像3

    田野選手(決勝戦にて)

  • 紹介画像4

    加賀美選手(3位決定戦にて)

  • 紹介画像5

    サポート選手同士の試合1(左:長沼選手、右:星選手)

  • 紹介画像6

    サポート選手同士の試合2(左:長沼選手、右:星選手)

  • 紹介画像7

    長沼選手(決勝戦にて)

  • 紹介画像8

    サポート選手同士の決勝戦(左:野口選手、右:今井選手)

  • 紹介画像9

    米盛選手(3回戦にて)

  • 紹介画像10

    サポート選手(左:南保選手、右:野口選手)


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る