スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2018年度

No.23 空手道/パフォーマンスサポート

 平成30年8月4日から6日、「岐阜メモリアルセンター で愛ドーム」にて、平成30年全国高等学校総合体育大会空手道競技大会が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

【サポート内容】

 空手道競技では、マット側方の位置からビデオカメラを用いて、試合の模様を撮影した映像データを試合分析に利用し、指導者や選手に有効な情報として提供しています。今回はその映像データをDVDに編集し、今後の課題改善のため選手や指導者に送付する予定です。
 


【出場選手】

女子個人形  田野 恵都選手(東京女学館高校3年)
男子個人組手 長沼 俊樹選手(保善高校3年)
男子団体組手 長沼 俊樹選手
女子個人組手 野口 遥日選手(帝京高校3年)
       今井 えり選手(帝京高校2年)
女子団体組手 野口 暖日選手
       南保 空花選手(帝京高校3年)
       今井 えり選手
       米盛 希々子選手(帝京高校1年)


 上記のサポート選手が出場したインターハイは、3年生にとって最後の大会でもあり、いずれの試合も熾烈な戦いが繰り広げられました。田野選手は2回戦でジュニアの日本代表選手に選出されている相手と戦い惜しくも敗退、長沼選手は準決勝まで進んだものの敗退、野口選手は4回戦、今井選手は3回戦敗退となりました。また、男子団体組手は長沼俊樹選手要する保善高校が準決勝敗退、女子団体組手は帝京高校(野口遥日選手、南保空花選手、今井えり選手、米盛希々子選手)が3回戦敗退となりました。
 サポート選手は善戦むなしく負けてしまいましたが、全選手、今大会での課題を克服し、今後の更なる活躍に期待します。
今後ともサポート選手の応援を宜しくお願い致します。
 
 


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

    大会風景

  • 紹介画像3

    田野選手

  • 紹介画像4

    今井選手(赤)

  • 紹介画像5

    長沼選手(赤)


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る