スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2018年度

No.24 ボクシング/パフォーマンスサポート

平成30年8月1日から7日まで岐阜県岐阜市OKBぎふ清流アリーナにて、平成30年度全国高等学校総合体育大会ボクシング競技大会が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

【出場選手】

男子ライト級       染谷 將敬 選手(駿台学園2年)
男子ライトウェルター級  山田 隼輔 選手(日出3年)
男子ミドル級       須永 大護 選手(駿台学園3年)


【サポート内容】

 今回のサポートは、国士舘大学のスタッフが2階スタンド席後方からビデオカメラを用いて、サポート選手の試合の様子を撮影しました。その映像データはゲーム分析や戦術を組み立てる際に、指導者や選手に有効な情報として提供しています。


【大会結果】

男子ライト級       染谷 將敬 選手(駿台学園2年) 準々決勝敗退(ベスト8)
男子ライトウェルター級  山田 隼輔 選手(日出3年)   2回戦敗退
男子ミドル級       須永 大護 選手(駿台学園3年) 優勝
 


 今回の高校総体ではミドル級の須永大護選手が優勝しました!!ボクシングは屋内競技とは言え、今年の猛暑の中、他2選手も健闘し活躍してくれました。
  応援ありがとうございました。


  • 紹介画像1

    染谷 將敬 選手

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

    須永 大護 選手

  • 紹介画像4

  • 紹介画像5

    サポートの様子

  • 紹介画像6

    会場風景


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る