スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2012年度

No.115 パフォーマンスサポート/レスリング 平成24年度第39回正田杯関東高校選抜大会

祝 長谷川敏裕 選手  個人戦フリースタイル50kg級  優勝
  村上  翔選手   個人戦フリースタイル66kg級 3位
◎ 本大会の結果、5名の選手の全国選抜大会(平成25年3月)出場が決まりました!!

大会中、医・科学サポート(パフォーマンスサポート:ビデオ撮影)を実施しました(国士舘大学担当)。

 平成25年2月2〜3日まで、埼玉県上尾運動公園体育館において「平成24年度正田杯第39回関東高等学校選抜レスリング大会」が開催されました。本大会でベスト8以上の選手は、平成25年3月27日〜29日、新潟市体育館で開催される全国高等学校選抜レスリング大会の出場権が得られます。
 東京都スポーツ医・科学サポート対象選手からは7名(長谷川敏裕選手、大橋武士選手、高山悠馬選手、遠藤功章選手、村上翔選手、前山哲兵選手、揚原たかひろ選手)が出場。7名中5名(長谷川敏裕選手、村上翔選手、大橋武士選手、高山悠馬選手、揚原たかひろ選手)が、3月の全国選抜大会の出場権を獲得しました。
長谷川敏裕選手(自由ヶ丘学園高校1年)は、50kg級で優勝。準々決勝で茨城の霞ヶ浦高校の高橋拓也選手に2−0、準決勝で埼玉の花咲徳栄高校の清水洸希選手に2−1で競り勝つと、決勝では花咲徳栄高校・齋藤僚太選手に、第1ピリオドわずか40秒でフォール勝ちしました。長谷川選手のこの1年の成長ぶりは目ざましく、堂々たる闘いでした。長谷川選手の準々決勝の様子を動画でご覧いただけます。
村上翔選手(大森学園高校2年)は、60kg級に出場し第3位でした。準決勝では、茨城の奥田海人選手に1−2で敗れましたが、競りに競った闘いでした。この一戦は、きっと今後の糧になると思います。村上選手、ガンバレ!!


【出場者結果】

  選手名     (学校名)       種 目     結果    
※長谷川敏裕(自由ヶ丘学園高校1年)    50kg級    優勝     
※村上  翔(大森学園高校2年)      66kg級    3位  
※大橋 武士(自由ヶ丘学園高校1年)    55kg級   ベスト8
※高山 悠馬(自由ヶ丘学園高校1年)    60kg級   ベスト8
※揚原たかひろ(大森学園高校  2年)    96kg級   ベスト8 
 前山 哲兵(関東第一高校 2年)      55kg級   2回戦敗退
 遠藤 功章(自由ヶ丘学園高校1年)    66kg級   初戦敗退

※は全国選抜大会出場選手


動画を見る前に・・・・・レスリングのルールについて

試合は2分間ずつの3ピリオドで行われ、フォール(相手の両肩を1秒以上マットにつけること)
または、ポイントの多い選手が勝者。先に2ピリオドを制した選手が勝ち上がります。
フォール以外のポイント方法については、相手の背後をとると1点、場外にだすと1点、相手の
両肩をマットの90度以内に向かせれば2点(ニアフォール)、これを5秒以上続けると1点、
相手を回転させると2点などです。


  • 紹介画像1

    50kg級優勝 長谷川敏裕選手

  • 紹介画像2

    66kg級3位(右)村上翔選手

  • 紹介画像3

    長谷川選手(赤)1回戦フォール勝ち

  • 紹介画像4

    村上選手(青) 2回戦

  • 紹介画像5

    大橋選手(赤)

  • 紹介画像6

    高山選手(赤)

  • 紹介画像7

    試合の様子を撮影する国士舘スタッフ

  • 紹介画像8

    国士舘大学 サポートスタッフ

【動画】レスリング関東選抜大会 50kg級 準決勝(長谷川選手)

このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る