スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2013年度

No.125 パフォーマンスサポート/カヌースラローム

パフォーマンスサポートを実施しました。「東京都カヌースラローム選手権大会」

4月21日(日曜日)に東京都カヌースラローム選手権大会が
青梅市御嶽カヌー競技場で行われました。
この大会は、今年度開催される東京国体の代表選手選考レースであり、
本事業のサポート対象選手にとってもまたサポートチームにとっても重要なレースでした。


寒い一日

国体でカヌースラローム競技は、成年から少年まで区分が一緒で
種目男女1名のエントリーになります。
そのため選手にとっては非常に厳しいレースになりました。
心配された天候も、スタート時には回復し寒い一日になりましたが、
まずまずの条件のもとレースはスタートしました。


サポート体制

サポートはカメラを3か所に配置し、1本目と2本目の間に即時フィードバックが行える準備をしました。カメラ配置や、レースポイントになる区間に関しては、過去のレース分析によってある程度把握していたため、カメラ配置に関しては藤野コーチとの調整は非常にスムーズでした。


惜敗!!

レースは、男女共に元オリンピック代表選手も出場しているため、非常に厳しいレースになりました。
三島選手は、北京オリンピック代表の竹下選手との一騎打ちでしたが残念ながら、あと一歩で代表権を勝ち取ることができませんでした。
男子選手は、清水選手と昨年度サポート対象選手の上原選手、浅見選手に期待が高まりましたが、男子も元オリンピック代表選手が出場権を獲得しました。
カヌースラローム競技は試合中におけるレース戦略の改善によって伸ばせるパフォーマンスは十分にあり、本サポートの体制はコーチ・選手ともから評価してもらっています。

試合結果
 試合結果
SK-1
・浅見明太:5位(平成24年度サポート対象選手)
・上原敬矩:15位(平成24年度サポート対象選手)
JrSK-1
・清水健:1位(総合順位では代表権なし)
JrSWK-1
・三島廉:1位(総合順位では代表権なし)



今後とも国内外問わず選手の活躍に期待したいです!!!


藤野コーチからの即時のアドバイス
  • 紹介画像1

  • 紹介画像2


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る