スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2013年度

No.160 パフォーマンスサポート/陸上競技中・長距離 2013未来をつなぐ北部九州総体

平成25年7月30日(火)〜8月3日(土)の5日間、大分県大分市大分銀行ドームにて平成25年度全国高等学校総合体育大会陸上競技大会が開催されました。

平成25年度全国高等学校総合体育大会陸上競技大会にてパフォーマンスサポートを行いました。(担当:日本体育大学)

7月30日〜5日間、2013未来をつなぐ北部九州総体が大分スポーツ公園大分銀行ドームにて開催されました。
大分は連日35℃を超える猛暑の中、数々の日本高校新記録も樹立され、高校生たちの熱戦が繰り広げられました。
 今年度4回目の陸上中・長距離パフォーマンスサポートは、ビデオカメラによるレース撮影でレースパターンを確認することを目的としました。ビデオカメラ1台を観客席1階最上段の踊り場に設置して撮影を行いました。


結果

男子1500m:決勝で岡田選手がハイペースのレース展開の中、果敢に集団に食らいついたが、終盤以降離されて13位。
男子800m:決勝で戸澤選手が先頭選手の動きを見ながらでレースを進め、ラストスパートで粘り、混戦のレースで見事3位入賞を果たしました。素晴らしいレース運びでした。
男子5000m:予選で茂木選手が前半集団を引っ張るレース展開を見せるが、残念ながら15着。
女子3000m:予選では、谷萩選手が粘りの走りで1組6着となり、タイムで拾われて、最終日女子3000m決勝進出!決勝では、ハイペースのレース展開に着いていくことができずに、惜しくも13位。


いよいよ国体です!!

5日間を通して、大分では気温が連日35℃を超え、中長距離のレースにとっては、厳しいコンディションでした。厳しいコンディションの中で、レースを勝ち抜くためには、やはり基礎的な体力も重要です。
暑い中、全力を出し切った選手達、監督、コーチの方々、サポートスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。10月4日から行われる国民体育大会へ向けコンディションを整えてください。


  • 紹介画像1

    男子800m:戸澤選手(右から3番目)

  • 紹介画像2

    男子1500m:岡田選手(中央手前)

  • 紹介画像3

    男子5000m:茂木選手(先頭)

  • 紹介画像4

    女子3000m決勝に進出した谷萩選手

  • 紹介画像5

    女子3000m:谷萩選手(左から4番目)

  • 紹介画像6

    レース撮影風景


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る