スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2013年度

No.167 パフォーマンスサポート/ウエイトリフティング 関東選手権大会

「第57回関東ウエイトリフティング選手権大会」においてパフォーマンスサポートを実施しました。(担当大学:日本体育大学)

少年の部・女子の部で 東京初優勝!!!!!    ☆サポート選手4階級で優勝☆

平成25年8月24日〜25日。神奈川県立体育センターでウエイトリフティングの関東選手権大会が開催されました。少年男子の部に7名、女子の部に3名のサポート選手が出場しました。


団体戦

この大会は、個人対抗と都県対抗でそれぞれの種目において熱戦が繰り広げられました。

団体対抗では、少年男子が初優勝!過去57回の歴史の中でなんと東京都(少年の部)初という快挙を達成しました。女子の部でも、東京が初優勝しました。
団体総合では、山梨に次ぐ2位となりました。

団体対抗(少年の部)では、第32回大会(1988年)より山梨県勢の優勝が続き25年ぶりに他都県の優勝となりました。関東ウエイトリフティング界の中では快挙といえます。


サポート風景

対象選手に対し、ビデオカメラ2台(正面・側面)を構え、スナッチ、クリーン&ジャークの全試技を撮影しました。撮影された映像は、当日、選手および指導者へフィードバックを行い、次回の大会に向けてのフォームチェックなど課題となるトレーニングに活用します。
特に今回は、ジュニアアスリート3期生出身の女子選手も3名大会に出場したので、初めてのビデオ撮影となりました。自分のフォームチエックが楽しみです。


大会結果

本大会は東京国体前の最後の公式大会となる大事な大会でした。選手達の意気込みが感じられる大会となりました。
優勝:69kg 級松尾選手・77kg級廣瀬選手・85kg級鈴木選手・+105kg級上野選手
2位:105kg級片岡選手
3位:53kg吉田選手・94kg級池端選手・女子69kg級中山選手
4位:女子48kg級羽田選手・女子63kg級岩田選手

サポート選手は全員入賞という素晴らしい成績でした。10月の国体に
へ向けていいスタートが切れたと思います。


東京国体へむけて選手の皆さん頑張って下さい!!


  • 紹介画像1

    53kg級吉田選手(3位)

  • 紹介画像2

    69kg級松尾選手(優勝)

  • 紹介画像3

    77kg級廣瀬選手(優勝)気迫が伝わります

  • 紹介画像4

    85kg級鈴木選手(優勝)真剣なジャークの試技

  • 紹介画像5

    105kg級片岡選手(2位)スナッチの試技

  • 紹介画像6

    +105kg級上野選手(優勝)貫録の表彰式

  • 紹介画像7

    48kg級羽田選手緊張のスナッチ

  • 紹介画像8

    69kg級中山選手(3位)ジャーク


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る