スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2013年度

No.205 コンディションサポート・コントロールテスト/ウエイトリフティング

ウエイトリフティングのコンディションサポートおよびコントロールテストを実施しました。(担当大学:日本体育大学)

今年度2回目のコンディションサポート、コントロールテストが行われました。

平成26年1月12日に日本体育大学健志台キャンパスにて今年度2回目のコンディションサポート、コントロールテストが行われました。
今年度の4月に測定を行ってから約9ヶ月後の測定となりました。その間選手達は、インターハイや東京国体など多くの大会に出場しました。自己記録を更新し、東京国体ではサポート選手は全員上位入賞、東京都は団体で4位に入賞しました。また、今年度から女子もサポート選手として加わり高校1年生ながら全国大会へも出場しています。


測定項目

形態、身体組成、膝関節伸展屈曲力、脚伸展力、フィットネステスト(コントロールテスト)、さらにはウエイトリフティングの引き動作を三段階(ファーストプル、セカンドプル、ファイナルプル)に分け、パワーを計測しました。

今回女子選手は初めての測定でしたが、少し緊張しながらも最後まで精力的に取り組みました。男子選手は大学へ進学しウエイトリフティング競技を続けるとのことで現在の自分の体力を知り今後の大会の目標を立てていました。女子の2名は3月に石川県で開催される全国選抜大会に出場が決定しています。男子は3月に全日本ジュニア選手権に出場します。
上位を目指してがんばってください!!


皆さんの応援よろしくお願いします。


  • 紹介画像1

    全体の説明中

  • 紹介画像2

    それぞれの種目でも説明します

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4

    背筋力の測定

  • 紹介画像5

    脚力;ウエイトリフティングには重要な要素です

  • 紹介画像6

  • 紹介画像7

  • 紹介画像8

  • 紹介画像9

    ファーストプル

  • 紹介画像10

    セカンドプル

  • 紹介画像11

    ファイナルプル

  • 紹介画像12

    最後に全員でパワーマックス測定


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る