スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2013年度

No.220 パフォーマンスサポート/ウエイトリフティング

第34回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会にてパフォーマンスサポートを実施しました。(担当:日本体育大学)

 平成26年3月14(金)〜15日(土)、栃木県小山市にある県南体育館にてウエイトリフティング「第34回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会」が開催され、日本体育大学による、第6回パフォーマンスサポートとコンディショニングサポート及びコントロールテストのフィードバックも実施されました。

 パフォーマンスサポートでは、選手の右側、正面からの2台のカメラで拳上の動作撮影を実施しました。撮影された映像は、当日、選手および指導者へフィードバックを行い、次回の大会に向けてのフォームチェックなど課題となるトレーニングに活用します。

 同大会には松尾侑宇大、廣瀬翼、鈴木健太、上野祐脩、岩田優、中山榛菜の6選手が出場し、松尾、廣瀬、鈴木、上野の4選手はこれが高校での最後の大会となりました。高校3年間で着実に力をつけたサポート選手たち。それは医・科学の見地からも明らかでした。今後、シニアの大会でも活躍できることを期待しています!


  • 紹介画像1

    撮影準備

  • 紹介画像2

    鈴木選手

  • 紹介画像3

    中山選手

  • 紹介画像4

    撮影風景

  • 紹介画像5

    廣瀬選手

  • 紹介画像6

    松尾選手

  • 紹介画像7

    上野選手

  • 紹介画像8

    コンディショニングサポート&コントロールテストのフィードバック


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る