スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2014年度

No.8 パフォーマンスサポート/ 陸上中・長距離【前半】

「平成26年度東京都高等学校総合体育大会」にて、今年度1回目の陸上中・長距離パフォーマンスサポートを実施しました。(担当大学:日本体育大学)

第67回東京都高等学校陸上競技対抗選手権大会

平成26年5月10日(土)~5月11日(日)の2日間、駒沢オリンピック公園総合運動場(陸上競技場)にて「平成26年度東京都高等学校総合体育大会」が開催されました。本大会は、インターハイ出場に向けて、上位6名が関東大会への出場権を得ることができる大切な大会です。


サポート風景

日体大サポートスタッフは、ビデオカメラによるレース撮影でレースパターンを確認することと、ハイスピードカメラによる走動作をチェックすることを目的として、朝早くからカメラのセッティングを行いました。


競技結果

1日目は、男子1500m予選で、斉藤寛明選手が4組1着、岡田選手が3組1着、齋藤雅英選手が4組1着と、3選手とも余裕を持った走りで決勝へと進出、午後の決勝では、岡田選手、斉藤寛明選手、齋藤雅英選手が終始先頭集団でレースを展開し、ラストスパートを狙っていた齋藤雅英選手が3分58秒92で優勝、岡田選手は2位、斉藤寛明選手は3位に入賞し、サポート対象選手が表彰台を独占しました。

女子1500m予選は、木村選手が2組2着、平賀選手が3組1着、佐藤選手が4組1着でこちらの種目も、2日目に行われる決勝に駒を進めました。
2日目の決勝は、順天高校の佐藤選手と平賀選手が先頭集団でレースを進め、粘りの走りで平賀選手が2位、佐藤選手が3位となり関東大会の出場権を獲得しました。木村選手は終盤粘り切れず惜しくも10位でした。


今週末(5月17日〜18日)に行われる東京都高校総体2週目では、男子800m、男子5000m、女子800mおよび女子3000mが行われ、今回と同様のパフォーマンスサポートを予定しています。


応援よろしくお願いします。


  • 紹介画像1

    男子1500M予選

  • 紹介画像2

    表彰台を独占

  • 紹介画像3

    女子1500M決勝

  • 紹介画像4

    観客席の最前列にカメラをスタンバイ


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る