テクニカルサポート事業

競技力向上 指導者講習会

  • 開催情報
  • レポート
  • 指導者講習会「パフォーマンス向上を身体の回復から考える」

    ※定員に達したため募集を締め切らせていただきました。たくさんの御応募ありがとうございました。

    <終了時刻のお知らせ>
     当講習会は東京都を含む緊急事態宣言の発出を受け、当初予定しておりました終了時刻より 30 分早め、18時00分から20時00分まで(受付:17時30分から)とさせていただきます。
     皆様の御理解・御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

     アスリートは常にパフォーマンスの向上を目指し日々練習を積み重ねていますが、そこで忘れてはならないのは身体のケアです。
     しかし、学校スポーツや地域スポーツクラブにおける活動では、主に「トレーニング」を行うことが重要視され、ケアに関する指導は個人の意識レベルや生活環境等も大きく関与するため、監督・コーチ等の指導者が介入することが難しい領域でもあります。
     そこで、当講習会では身体の仕組みと回復に関するメカニズムについて取り上げ、指導者を通じて選手が実践しやすい内容を提供します。

    ▲▽▲▽新型コロナウイルス感染症対策として以下のことに取り組んでいます▽▲▽▲

    ・着席位置等の工夫による密集・密接の防止
    ・適切な距離の目印設置
    ・スタッフのマスク等の着用
    ・こまめな手洗いを参加者及び運営ともに喚起
    ・アルコール等による消毒の実施
    ・当日会場参集者への検温の実施
    ・十分な換気及び定期的な巡回
    ・保健所、関係協力団体等と感染発生状況等を情報共有
    ・消毒液・ポンプ型石鹸の設置

    ▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

    第2・3回「指導者講習会」チラシ・体調管理チェックシート (966.8 KB)

    会場

    SYDホール(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2)

    開催日 令和3年2月10日(水曜日)お申込期間:令和3年2月5日(金)まで
    時間

    18時00分から20時00分まで(受付:17時30分から)
    ※終了時刻が変更となっております。必ず御確認ください。

    講師

    【第一部】 西多 昌規 氏 
    (早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授)
    【第二部】 土肥 美智子 氏 
    (国立スポーツ科学センタースポーツメディカルセンター 副主任研究員)

    対象

    監督・コーチ・トレーナー等の指導者、また指導者を目指している方等

    入場料

    無料

    備考

    ・お申込みされた方には、参加決定に関しての通知をお送りいたしますので、メールアドレス等の記入をお願いいたします。
    ・体調不良の場合や当日会場で実施する検温の結果などにより、ご参加をお断りさせていただくことがあります。
    ・必ずマスク(各自でご用意ください。)を着用のうえ、ご参加ください。
    ・こまめな手洗い、会場に設置するアルコール等による手指消毒を実施してください。
    ・新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により、中止等、急遽予定が変更となる場合があります。
    ・その他感染症対策にご協力いただけない場合は、参加をご遠慮いただく場合があります。
    ・前後左右の座席間隔を十分に取るなど、感染予防に対応した座席配置を行います。

  • 指導者講習会「パフォーマンス向上を身体の回復から考える」

    2020年02月11日

    令和3年2月10日(金)、SYDホールにて、第2・3回 指導者講習会「パフォーマンス向上を身体の回復から考える」を開催しました。

    【講師】
    ○第1部 西多 昌規 氏(早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授)
    ○第2部 土肥 美智子 氏(国立スポーツ科学センター スポーツメディカルセンター 副主任研究員)

    【内容】
    第1部では、「睡眠とパフォーマンス」をテーマに、アスリート特有の睡眠障害やそこから派生するうつ病について症例をあげて具体的にご紹介いただきました。
    <主な講義内容>
    ・アスリートにおける精神障害
    ・不眠はうつ病のサイン
     
     一方、第2部では「内科的観点から回復を考える」をテーマに、熱中症やオーバートレーニングなどのリスク管理等について、先生のご経験を基に対応方法など詳しくご紹介いただきました。
     <主な講義内容>
     ・なぜ回復が必要なのか
     ・アンチ・ドーピングとは

    参加者からは、「メンタル不良についての知識が、当たり前になる様、より浸透すれば良いと思いました。」や、「サプリメントのお話が大変参考になりました。」等のご意見をいただき、第1部・第2部を通して満足度の高い講習会となりました。