テクニカルサポート事業

競技力向上 指導者講習会

  • 開催情報
  • レポート
  • 指導者交流シンポジウム 「筋力トレーニングの正しいアプローチ」

    ※定員に達したため募集を締め切らせていただきました。たくさんの御応募ありがとうございました。

    <終了時刻変更のお知らせ>  
     当講習会は東京都を含む緊急事態宣言の発出を受け、当初予定しておりました終了時刻より30分早め、18時30分から20時00分まで(受付:18時00分から)とさせていただきます。
     皆様の御理解・御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
     
     
     ダンベルやバーベルなど自体重以上の負荷をかけて取り組む筋力トレーニングは、効率よく筋量・筋力を増強し、瞬発力強化といった競技パフォーマンスの向上に役立つことから、日々の練習の中に取り入れている選手・指導者が増えてきています。
     しかし、筋力トレーニングに関する十分な知識や正しい理解が足りていないまま取り組んでいると、目的とおりに効果が得られないどころか、誤った知識のままトレーニングを処方し続ければ成長の伸び悩みだけでなく、ケガを誘発して選手人生にも影響を及ぼしかねません。
     そこで、今回のシンポジウムでは、筋力トレーニングの基礎から応用まで専門講師にくまなく教えていただきます!

    ▲▽▲▽新型コロナウイルス感染症対策として以下のことに取り組んでいます▽▲▽▲
    ・着席位置等の工夫による密集・密接の防止
    ・適切な距離の目印設置
    ・スタッフのマスク・フェイスシールドの着用
    ・こまめな手洗いを参加者及び運営ともに喚起
    ・アルコール等による消毒の実施
    ・当日会場参集者への検温の実施
    ・十分な換気及び定期的な巡回
    ・保健所、関係協力団体等と感染発生状況等を情報共有
    ・消毒液・ポンプ型石鹸の設置
    ▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

    令和2年度指導者交流シンポジウム チラシ・体調管理チェックシート (4.3 MB)

    会場

    SYDホール (東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2)

    開催日 令和3年 2月19日(金曜日) 申込締切日:2月16日(火)
    時間

    各回ともに18時30分から20時00分迄(18時00分から受付開始)
    ※終了時刻が変更となっております。必ず御確認ください。

    講師

    有賀誠司 氏(東海大学健康学部健康マネジメント学科 教授)
    緒方博紀 氏(国立スポーツ科学センター)
    北澤俊哉 氏(日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)

    対象

    監督・コーチ・トレーナー等の指導者、また指導者を目指している方等 【定員30名(定員となり次第募集は終了となります】

    入場料

    無料

    備考

    ・お申込みされた方には、参加決定に関しての通知をお送りいたしますので、メールアドレス等の記入をお願いいたします。
    ・体調不良の場合や当日会場で実施する検温の結果などにより、御参加をお断りさせていただくことがあります。
    ・必ずマスク(各自でご用意ください。)を着用のうえ、御参加ください。
    ・こまめな手洗い、会場に設置するアルコール等による手指消毒を実施してください。
    ・新型コロナウイルス感染症の拡大状況等により、中止等、急遽予定が変更となる場合があります。
    ・その他感染症対策に御協力いただけない場合は、参加を御遠慮いただく場合があります。
    ・前後左右の座席間隔を十分に取るなど、感染予防に対応した座席配置を行います。

  • 指導者交流シンポジウム 「筋力トレーニングの正しいアプローチ」

    2020年02月26日

    令和2年度指導者交流シンポジウム『筋力トレーニングの正しいアプローチ』

    下記の日程で令和2年度指導者交流シンポジウムを開催しました。
    令和3年2月19日(金)SYDホール

    【講師】

     東海大学で体育会クラブを対象としたスポーツ医科学支援システムを構築し、25年間にわたってアスリートの体力強化サポート活動や学生スタッフの養成に従事されている、有賀誠司教授をお招きしました。
     更にゲスト講師として有賀先生よりご紹介をいただき、国立スポーツ科学センター所属の緒方博紀先生、モンテディオ山形アカデミーコーチを経験された北澤俊哉先生にもご参加をいただきました。

    【講義内容】

     今ではどんなスポーツ種目でも練習に取り入れられている筋力トレーニングに関して講師3名、それぞれがお持ちの経験や理論に基づいた解説から学びました。
    今回のシンポジウムでもガイドラインに基づいた新型コロナウイルス感染症対策を徹底して開催しました。
     シンポジウム前半の部は、有賀先生から筋力トレーニングの基本講義を受けました。小学生から高校生選手を指導される指導者の参加が多かったことから、ジュニア年代の指導する際のポイント、筋力トレーニングの基礎講義を展開していただき、理解を深めていきました。
     続く後半の部では、緒方先生からナショナルチーム選手の指導にも取り入れているトレーニング論の解説、北澤先生からはジュニア選手の指導経験からメニュー作成のポイント・実践内容をお話しいただきました。その後、3名に登壇いただき、シンポジウム中に出た話題からディスカッションをいただきました。シンポジウム終盤には、参加者からの質疑応答を行い、先生方それぞれの立場から回答をいただきました。
     参加者アンケートでは、シンポジウム内容に対する高評価を多数いただき、「筋力トレーニングの必要性を再認識できた」、「新たな気付きがあった」といった感想も複数ありました。
     今回のシンポジウムをもち、今年度の事業は終了となります。次年度も引続き各種講習会を企画・展開していきますので、是非ともよろしくお願いいたします。


    有賀 誠司先生


    緒方 博紀先生


    オンライン参加の北澤 俊哉先生


    講義の様子


    ディスカッションパートの様子1


    ディスカッションパートの様子2