テクニカルサポート事業

競技力向上 医・科学レポート

カヌースラローム/コントロールテスト・コンディションサポート及びトレーニングサポート

2020年09月14日

令和2年8月30日(日)に日本体育大学健志台キャンパスにてコントロールテスト・コンディションサポート及びトレーニングサポートを実施しました。(担当大学:日本体育大学)

【サポートの内容】

今年度初となるコントロールテスト・コンディションサポート及びトレーニングサポートを日本体育大学健志台キャンパスにて実施しました。新型コロナウイルス感染症対策として、測定に携わるスタッフはマスク、フェイスシールドを着用し、選手も計測の妨げとならない範囲でマスクを常時着用したままサポートは行われました。

 このサポートでは、選手たちの体力レベルについて専門機器を用いて詳細に測定し、今後のトレーニングへ役立てることを目的に実施しています。コロナ禍で十分な練習が積めていない現段階の体力を把握することは、今後の試合に向けてコンディションを整える上で非常に重要になります。

 久しぶりの測定ということもあり、選手、スタッフともに非常に気持ちが入ったサポートになりました。次回以降も今回のように万全の対策を整えながら、選手たちにサポート提供を実施していきます。また今回の測定結果は、大学内で解析を行った後に選手・指導者のもとへフィードバックされます。


専門機器を用いた脚筋力の測定風景


計測後は選手ごとに機器をアルコール消毒


最大挙上重量の測定


30m疾走速度の測定


カヌーエルゴメーターに乗りながらの最大酸素摂取量の測定


乳酸の測定