第1回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流をオンラインで開催!

2021/07/16

令和3年7月13日(火)「第1回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」をオンラインで開催しました。
当日は、フェンシング、レスリング、パラ競泳等のアスリートの皆さんが受講しました。

【第1部】就活スキルアップセミナー

就活スキルアップセミナーでは、(公財)東京しごと財団 就職支援アドバイザーの虻川真紀氏から競技活動で培った強みを知る自己分析や自己PRのポイントについて講義していただきました。
また、リアクション機能を使い、講師からの質問にアスリートがグッドマークで回答するなど、オンラインならではの双方向のやり取りもあり、内容の濃い講義となりました。

【第2部】先輩アスリートとの交流

先輩アスリートとの交流では、コーディネーターの梶川 洋平氏(元陸上・三段跳選手/阪神酒販株式会社)に進行いただき、清水 珠夏氏(陸上・走幅跳選手/城北信用金庫)、金子 和也氏(パラ卓球選手/TMI総合法律事務所)の2名を迎え、「仕事をしていて競技に活きたこと、競技をしていて仕事に活きたこと」等、御自身の体験談等をお話いただきました。

登壇者コメント ※一部抜粋

清水 珠夏氏(陸上・走幅跳選手/城北信用金庫)
これから仕事と競技を両立しようとしているアスリートは、視野を広くもって就職についての様々な情報を得ることができるように行動してほしい。就職は人生にとって大きなターニングポイントになると思う。自分が決めたキャリアを歩めるよう後悔のないように行動してほしい。

金子 和也氏(パラ卓球選手/TMI総合法律事務所)
現在、行っている競技は情熱をもって取り組んでほしい。並行して、社会人になったらどのように競技と仕事を両立したいのか、また競技を引退した後はどんなキャリアを歩みたいのか日々、自分に問いかけてほしい。そうすることで自分にとって最適な進路が見つかると思うので実践してほしい。
また、就職をして生活基盤を整えることは精神的にも充実し、競技成績向上にも繋がると思う。就職活動と競技を一生懸命取り組んで理想の自分に近づけるよう頑張ってほしい。

コーディネーター
梶川 洋平氏(元陸上・三段跳選手/阪神酒販株式会社)
アスリートがいることで会社の一体感の醸成につながる等、企業がもっているアスリートのイメージは非常にポジティブである。しかし漠然とした言葉では、アスリートの魅力が企業に伝わらないと思う。企業で求められるのは目的に対して情報収集をして、計画を立てて、結果を出すことである。アスリートは普段の練習からどういう目的で、どのような手段あれば結果が出るのか考え、行動できていると思う。そのため、企業で働く能力がすでに備わっていると思うので、具体的な言葉で企業にアスリートの魅力を伝えることができれば自分の描くデュアルキャリア、セカンドキャリアをひらけると思う。

  • 【第1部】就活スキルアップセミナー

  • 【第2部】先輩アスリートとの交流

このページのお問い合わせ

競技力向上 アスリート・キャリアサポート事業
03-5413-7557

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になる方はアクロバットリーダーが必要です。
お持ちでない方は、左のロゴをクリックしてダウンロード(無料)してください。
Acrobat及びAcrobatロゴはAdobeSystems Incroporated(アドビシステム社)の商標です。