スマートフォンサイトはこちら
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

常設展示permanent exhibits

「通史展示」は、『多摩を発掘する』と題して、旧石器時代から縄文・弥生・古墳・奈良・平安・中世・近世にいたる約3万年の多摩丘陵の歴史を、発掘された出土品を中心に展示しています。

トップページ > 東京都埋蔵文化財センター > 常設展示

常設展示

多摩ニュータウンは東西約14Km、南北1〜4Kmの多摩市、八王子市、町田市、稲城市にまたがる丘陵地です。この多摩ニュータウンには964ヶ所遺跡があります。それらの遺跡からは、旧石器時代から近世まで、各時代の遺構や遺物が発見されています。
常設展示では、多摩ニュータウンから発見された数々の出土品を、旧石器時代から江戸時代までの通史をご覧いただけるよう工夫して展示しています。




常設展の展示解説はこちらからダウンロードしていただけます。

小型パンフレット「縄文の風にのって」はこちらからダウンロードしていただけます。

多摩ニュータウンN0.471遺跡出土の土偶(多摩ニュータウンのヴィーナス)

【注意】本展示品は、令和3年9月30日から令和3年12月上旬までの間、江戸東京博物館で開催される「特別展 縄文2021」で展示されるため、ご覧いただくことができません。

多摩ニュータウンNo.471遺跡(稲城市若葉台)
縄文時代中期前半

中期前半の大型土偶の好例であることから、2009年にイギリスの大英博物館で開催された「土偶 The Power of the DOGU」でも展示されました。


No.471遺跡出土土偶



丘陵人(おかびと)の肖像

【注意】本展示品は、令和3年9月30日から令和3年12月上旬までの間、江戸東京博物館で開催される「特別展 縄文2021」で展示されるため、ご覧いただくことができません。

多摩ニュータウンNo.72遺跡(八王子市堀之内)
縄文時代中期前半

まるでお面のようにも見えますが、有孔鍔付土器(ゆうこうつばつきどき)の装飾として貼り付けられていたものと考えられます。


No.72遺跡出土の土面


土偶と土面の展示場所について

展示ホールの入口に展示しております。




常設展示その2

展示内容

常設展示のごく一部を紹介いたします。


後期旧石器時代

縄文時代早期から中期

縄文時代の土偶



常設展示その3


縄文時代後期

弥生時代

古墳時代前期



常設展示その4

その2


古墳時代後期

奈良時代

平安時代から鎌倉時代



常設展示その5


室町時代から安土桃山時代

江戸時代

現代の多摩丘陵を背景にした、縄文時代の集落のジオラマ



このページのお問い合わせ
東京都埋蔵文化財センター 経営管理課042-373-5296
よくあるご質問はこちら お問い合わせ一覧はこちら
遺跡庭園縄文の村 四季

都指定 史跡 多摩ニュータウンNo.57遺跡

詳しくはこちら
ページの上部へ戻る
東京都教育委員会 生涯学習・文化財東京都教育委員会 生涯学習・文化財 No.57遺跡東京都教育委員会 遺跡地図日野市郷土資料館

パルテノン多摩全国埋蔵文化財法人連絡協議会立川防災館公益財団法人 たましん地域文化財団

東京都埋蔵文化財センター  〒206-0033 東京都多摩市落合一丁目14番2