スマートフォンサイトはこちら
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

お知らせnews

トップページ > 東京都埋蔵文化財センター > お知らせ > お知らせ詳細
2021.09.10  埋蔵文化財センター

今月の逸品

現在展示中の今月の逸品のご案内

企画展示「現場のミカタ」番外編
折り重なる石斧

五千年前
何があったの
石斧たち


打製石斧
縄文時代中期前半(約5,000年前)
多摩ニュータウンNo.5遺跡(稲城市長峰)


幾重にも重ねられて出土した打製石斧たち。
見つかったのは窪んだ谷頭付近の斜面地である。周囲には縄文人が居住していたような痕跡はない。重ねられた打製石斧は、完成品、破損品、製作途上のものなどで、石材や形にも特殊性は感じられない。
ではなぜこのような状態で残されていたのだろうか。

穴掘り作業が終わって置き去りにされたのか。
何か特別な理由により大切に保管されていたのか。
はたまた何かの儀式のため、この地に捧げられたのか……

特殊な「置かれ方」……想像もひたすら折り重なる。


次回の更新予定

次回の更新は10月上旬を予定しています。








遺跡庭園縄文の村 四季

都指定 史跡 多摩ニュータウンNo.57遺跡

詳しくはこちら
ページの上部へ戻る
東京都教育委員会 生涯学習・文化財東京都教育委員会 生涯学習・文化財 No.57遺跡東京都教育委員会 遺跡地図日野市郷土資料館

パルテノン多摩全国埋蔵文化財法人連絡協議会立川防災館公益財団法人 たましん地域文化財団

東京都埋蔵文化財センター  〒206-0033 東京都多摩市落合一丁目14番2