リバウンド警戒期間に伴う駒沢オリンピック公園総合運動場の対応について

  • 駒沢オリンピック公園総合運動場

 平素より当運動場をご利用いただき誠にありがとうございます。
 当運動場のご利用については、令和4年3月17 日、国が現行の都に対するまん延防止等重点措置(同年1月21 日実施)を終了したことに伴い、
都が策定した「リバウンド警戒期間における取組」を踏まえ、下記のとおり対応することといたしますので、お知らせいたします。

1 団体による専用使用について

・施設の使用は通常の運営時間とします。
・施設の使用に当たっては、東京都防災ホームページに記載のある規模要件に応じた対応を遵守いただきます。
・感染防止のため、入場者の入替制などによる三密を回避するための取組をお願いします。
・入場者のマスク着用・手指消毒・検温、換気等の基本的な感染防止対策を徹底していただくとともに、可能な限りTOKYOワクションアプリ又はその他の接種証明書、陰性証明書等の活用をお願いします。
・関係スポーツ団体のガイドラインを遵守するとともに、運動前後の大人数や長時間に及ぶ飲食・飲酒など感染リスクの高い行動を避けるようご協力をお願いします。

2 個人使用について

・トレーニングルーム、弓道場(個人利用)の使用は通常の運営時間、東京オリンピックメモリアルギャラリーの開館時間を17時までの通常の運営時間とし、引き続き入場制限を実施するなど、感染防止対策を徹底いたします。
「東京版新型コロナ見守りサービス」「接触確認アプリ(COCOA)」の利用、「TOKYOワクションアプリ」への登録にご協力をお願いします。

3 新型コロナウイルス感染症の感染防止対策 【体調管理チェックシートの提出(必須)】

 ご利用いただくにあたり体調管理チェックシートを提出していただきます。
 ご利用の際は、下記の「チェックリスト」をご確認いただき「体調管理チェックシート」の必要項目を漏れなくご記入のうえ、利用日当日に施設の受付にご提出をお願いいたします。

駒沢オリンピック公園総合運動場利用時の感染拡大防止チェックリスト (2042KB)

4 当運動場が主催する事業等

 当運動場が主催する事業等については、感染防止対策を徹底した上で開催してまいります。

5 期間

 令和4年3月22日(火)から4月24日(日)まで(予定)

6 その他

 今後の状況によっては、利用制限等が変更になる可能性があります。その際は、改めて当運動場のホームページ等でお知らせいたします。