2020年東京オリンピック競技大会を見据えて

世界で活躍するアスリートの育成に向けたスポーツ医・科学的サポートの可能性

宮崎 純一

ユニバーシアード大会で優勝した
日本代表サッカーチームも実践!
〜チームを強くするメンタルトレーニング〜

2018/09/21

隔年で開催される国際総合競技大会、ユニバーシアード大会。宮崎純一氏は、ユニバーシアード2017台北大会に出場した日本代表サッカーチームの監督として、メンバーの選抜から強化合宿、国内外のテストマッチと、2年をかけて代表チームをまとめあげ、見事に優勝を遂げた。険しかったという優勝までの道のりに、はたしてメンタルトレーニングはどれほど役立ったのか。エピソードを交えて語ってくれた。

続きを読む

PROFILE

宮崎 純一(みやざき・じゅんいち)

青山学院大学 経営学部 マーケティング学科 教授
同大学サッカー部部長
2017年ユニバーシアード台北大会 日本代表サッカーチーム監督(優勝)
<専門競技>サッカー
<専門分野>スポーツマネジメント、スポーツ心理学

青山学院大学サッカー部のコーチ・監督を2014年まで務める一方、大学生または23歳以下の日本代表サッカーチームの強化に長年携わってきた。コーチとして、東アジア競技大会に3度(釜山、大阪、マカオ)、ユニバーシアード大会に5度(シシリー、北京、大邱、イズミル、ベオグラード)参加。6度目となる2017年のユニバーシアード 台北大会では代表監督としてチームを優勝に導いた。早くからメンタルトレーニングの有効性を認識し、青山学院大学サッカー部や代表チームに導入。個々の選手の競技力向上はもちろん、チーム力向上に役立ててきた。