東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据えて

世界で活躍するアスリートの育成に向けたスポーツ医・科学的サポートの可能性

プラス思考のセルフトークで 心の競技力を向上する! 〜メンタルトレーニングの重要性(まとめ)〜

2018/01/26

高妻 容一
高妻 容一

ポジティブなセルフトークでプラス思考になる。

スポーツだけでなく生活の全てでトレーニングする。

『プラス思考(ポジティブシンキング)』は、究極の心理的スキルである。トップアスリートがいつも強い理由のひとつは、どんな場面、状況もプラス思考で捉え、それがプレーや記録、成績に反映されるよう強く意識しているからだ。では、プラス思考を身につけるには、どのようなトレーニングをすればいいのだろう。答えは8つの心理的スキルの中に用意されている。『セルフトーク(自己会話)』と『コミュニケーション』である。メンタルトレーニングの第一人者である高妻氏は、これに「態度・姿勢のトレーニング」を組み合わせることで効果的にプラス思考のトレーニングができるという。
まずセルフトークとは何かを理解するために、マンガを思い出してほしい。スポーツを題材にしたマンガは多く、そこには登場人物が口に出した言葉だけでなく、「負けるもんか!」「勝つのは僕だ!」など、頭の中で考えていることも心理描写として描かれている。つまり口に出していない言葉も含めてセルフトークである。このセルフトークを普段から全てポジティブな言葉にすることで自分自身に自己暗示をかけ、メンタルを強くしていくのだ。

「メンタルトレーニングで大切なのは24時間をどのように使うかです。セルフトークもスポーツをやっている時間だけでなく普段の生活全般をトレーニングの場として活用することが重要です。毎日のトレーニングの積み重ねがあってこそ、大事な試合でプラス思考のセルフトークができるようになり、本来の能力が発揮できるのです」

セルフトークの基本は、プラス思考でポジティブな言葉を遣うこと。人を褒めたり、いろいろなことに関心を示したり、感激したりすることもプラス思考になる。これを朝起きてから、夜寝るまで、トレーニングとして行うのだ。すると1日はこのようになる。

・起きたらベッドの上でストレッチをして「よーし、今日もがんばるぞー!」
・歯を磨きながら鏡に向かい、「おはよう!元気?もちろん絶好調さ!」
・家族に「おはよう」「朝ごはんありがとう」「いただきます」「おいしいね」「ごちそうさま」そして「いってきまーす」と元気にあいさつ
・学校に行ったら「おはよう」と元気にあいさつしながら教室に入り、「昨日のサッカー観た?あのシュート見事だったね」と楽しい雑談で気分をのせていく
・練習でも「こんにちは!!」と元気よくあいさつし、「先輩、頑張りましょう」「監督、よろしくお願いします」と明るく、楽しく会話をする
・練習中も「OK!いいねー、ナイス、もういっちょ、まだまだー、いける、ドンマイ、気にしない、さぁー来い」と大きな声で掛け声をかける
・帰宅したら「ただいまー」、寝るときは「おやすみー」

1日の全てを明るく、元気に、スマイルで、ポジティブに。慣れてきたら、マンガの主人公になったつもりでセルフトークを楽しむくらいの余裕を持ってほしい。「ここで打たれたら負けてしまう、この緊張感がたまんないネ!」「ここで決めればオレがヒーローだ!」と言えるようになれば素晴らしい。
そして、家族、クラスメイト、チームメイト、先生、監督など、人との会話をポジティブにすることが、もうひとつの心理的スキル『コミュニケーション』にもつながる。それには相手の長所だけを見て、「褒める」ことを心掛けることが大切だ。
これらのことは当たり前のようなことばかりだが習慣にするのは難しく、だからこそ意識して日々トレーニングすることで、メンタルが強くなっていく。

口に出すときは力強く語尾を上げて発声。

また、高妻氏は、「セルフトークは呼吸法のひとつでもある」と言う。

「言葉というのは、語尾を上げた方がポジティブになりやすいんです。語尾が聞き取りにくく、ぼそぼそしゃべっていると、いくら内容がプラス思考であってもネガティブに聞こえるし、自信がなくなります。胸を張ってヘッズアップし(顔が上を向いている状態)、力強くはきはきと発声すれば、それだけで人は自信が湧いてきてどんどんポジティブ志向になるのです。これは呼吸と気持ちが連動しているからです」

ネガティブなセルフトークの代表的なものが「えー、うそー、マジ、なんで、ムリ、だるい、できない」などだ。普段何気なく遣っていないだろうか。これらは言葉としてもNGであり、息が抜けるようなしゃべり方になるため呼吸法としてもNGだ。
監督や審判、先輩に対する不平不満、文句を言うのも同様にNGだ。こうしたぼやきは何も生み出さないばかりか、メンタルに悪影響をもたらす。
トップアスリートたちは腹の底から声を出し、「よーし! 次・次! OK・OK! 逆転だ! 気合い入れていこう! ノっていこうぜ! ナイスプレー!」などといった自分やチームメイトを鼓舞する言葉を常に使っている。どちらがアスリートとして向上するか、答えは明らかだ。
さらに「セルフトークは集中力を維持するためのテクニック」としても使える。
人は集中力を高めた状態を長い時間維持することができない。どうしているのかというと、集中状態を高めたり抜いたりを繰り返すことで集中力を維持しているのだ。野球で守備についた選手は、ピッチャーが投球するのに合わせて集中力を高めているし、テニスやバレーボールなど"構える"種目はその瞬間に集中力を高めている。陸上競技も同様だ。この集中力を高めるきっかけとしてセルフトークは非常に効果的で、「よしこい!」「いくぞ!」と強く言葉を発することでグッと集中できるのだ。セルフトークのトレーニングの中でぜひ意識しておくといいだろう。